NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
屋原久内代町役人たちへ申し渡す覚一公事・訴訟そのほか願い等のことは、その町支配の
問屋・庄屋が相談し、年寄たちへも相談すること。そして内々に済す様に取り計らうよう
にすること。その上すまないことは、町下代迄内...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
享保廿年卯十一月被仰出候問屋原久内代御町役人共江申渡覚一公事訴訟其外願等之儀、其
町支配問屋・庄屋申談年寄共江茂遂相談、内証ニ而相済候様取斗可申候、其上不相済儀ハ
町下代迄内意申達、其上可差出事一他所他国之者...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
02)年閏4月25日杉本所左衛門 束原市右衛門知久町通り本町通り池田町通り松尾町通り大
横町通り右町中年寄問屋庄屋【(朱書)2○】定一穀類一塩一魚鳥一青物類加えて豆腐・
こんにゃく一太と物一くり綿一麻布一鉄類...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
年閏四月廿五日杉所左衛門 束市右衛門知久町通り本町通り(改頁)6池田町通り松尾町通
り大横町通り右町中年寄問屋庄屋【(朱書)弐○】定一穀類一塩一魚鳥一青物類一太と物
一くり綿付り豆腐・こんにゃく(改頁)一麻布...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、申し入れ候。一内府(家康)去々年以来御仕置、大閤様御定に相背かれ、秀頼様御成り
立ち成り難き由候て、年寄衆・輝元・備前中納言殿・島津、此の外関西の諸侍一統上を以
って御仕置改め申し候事一去る十七日に西の丸内...
寛保二年十月上畑村総百姓往還道・屋敷移転取極証文 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
候、為後証村中大小百姓連判手形仍而如件、佐久郡上畑村寛保弐年戌十月名主孫之丞組頭
太四郎(印)(改頁)年寄半左衛門(印)同断八三郎(印)○以下年寄五名連印省略源内(印
)孫平次(印)藤右衛門半弥喜伝次又右衛門...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
茂右衛門、小人目付の宿は新町一右衛門が務めました。二十一日には、小枡堰見分におい
でになり、当町庄屋・年寄、新町庄屋・年寄が出頭しました。小諸藩からは奉行の成瀬番
左衛門様、代官の山本次右衛門様、下目付の黒沢...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
御宿新町茂右衛門、御小人御目付之御宿新町与一右衛門仕候、廿一日ニ小枡堰御見分ニ御
出被成候、当町庄屋・年寄、新町庄屋・年寄罷出ル、御地頭様より御奉行成瀬番左衛門様
、御代官山本次右衛門様、下目付黒沢権右衛門殿...
■原町問屋日記(嘉永六年) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
かかるので、町方から費用を調達したいと伝えられている(3)。十二月に入ると、藩主
忠優から両町問屋や町年寄に次のような申し渡しがあった。もしペリー艦隊と戦闘状態に
なれば、世の中は混乱するだろう、人々が混乱し...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
て商売をしました。ことのほか横町は繁昌になり、竪町は衰微したようになりました。し
かし角屋はだいたい町年寄衆・問屋・肝煎衆の家なので、訴訟の企てもなかなかできず過
ぎて、知久町通り・松尾町は特にさびしく、店を...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
中三が前の寺侍と同様に4人を従えています。その後の寺侍中野治兵衛と山極又兵衛も同
様です。最後に裃の町年寄2人・医者などが続きます。2-67大勧進万善堂の仮堂に一旦安
置されていた本尊は、10月18日の昼前、...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
人なれハ其日をそ送りける。爰に二十四日の夜大地震を発して斯大災を受る事のおそろし
さよといへり。其程を年寄もとめて問ひけるに、善光寺を (改頁) 中はに取
らハ酉戌亥のかたに当る所の山野取...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
日、寺院の御目見えを仰せ付けられ、鍛之助が差し出し、これまた首尾よく済ますことが
できた。それから、御年寄方・御奉行・御代官・御勘定所、そのほか年始の御礼に廻っり
、その日のうちに済ませた。18日、御役所の出...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
清水・上原・中沢・中田・小藤井・小藤森四日一当日寺院御目見被仰付、鍛之助差出是又
首尾能相済、夫より御年寄方御奉・御代官・御勘定所、其外年始御礼ニ相廻リ同日相済、
五日(改頁)6六日七日八日九日十日十一日十二...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
指上申候、猶又御尋之上口上ニ可申上候、以上、佐久郡上畑村寛保弐年戌八月名主孫之丞
(印)組頭太四郎判流年寄半左衛門(印)同源五右衛門判流同八三郎(印)同源七判流同
三郎兵衛判流同六郎右衛門(印)同庄右衛門判流...
寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
遊被下候様ニ(脱文カ)大小百姓難有奉存候、以上、上畑村寛保弐年戌九月日名主孫之丞(
印)与頭太四郎判流年寄半左衛門(印)同八三郎(印)同源七判流同六郎右衛門(印)同
三郎兵衛(印)高野町同源五右衛門判流御役所...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ヽ難有奉存候、以上、牧野内膳正領分中山道望月宿問屋2寛保二戌十一月久左衛門(印)
同所名主半兵衛(印)年寄与三右衛門(印)同文左衛門(印)同藤左衛門(印)同祖右衛
門(印)同喜右衛門(印)同庄五郎(印)同茂右...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
と難有奉存候、以上、牧野内膳正領分中山道望月宿寛保三癸亥年二月問屋久左衛門(印)
同断名主半兵衛(印)年寄与惣右衛門(印)同文左衛門(印)同藤左衛門(印)同祖右衛
門(印)同喜右衛門(印)同庄五郎(印)同茂右...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
召分被仰付被下置候ハヽ難有奉存候、以上、寛保三亥二月望月宿問屋久左衛門(印)同所
名主半兵衛(印)同所年寄与三右衛門(印)同文左衛門(印)同藤左衛門(印)同祖右衛
門(印)同喜右衛門(印)同庄五郎(印)同茂右...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
に腹の虫を慰め、且は放課後の閑を送りしと。去る中に此金を貯へて卒業の時には十数金
を持ちて去りし若物の年寄もあり。浪費をことゝして借金に首も廻らぬ坊つ様もありたり
。寄宿舍に在りては、四期生より一期生迄を混じ...