NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
として、恐れ多くも公儀御普請の建物で師走の二の申の日の夜、秘密のうちにこの行事が
行われます。この夜、市中の人家は勿論のこと、鳥や獣さえも少しでも声を立てれば必ず
神の祟りがあるといって、怖れて静まり返ってい...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
になる方々はどうぞお笑いください。大地震について考えるさて水内郡の山中、梅木村の
分村で、城の越(長野市中条日下野城之腰)という所があります。民家はわずかに4、5軒
です。このあたりの山の合間には1丈余の深い...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
数村が埋まりました]、土尻川の流れがせき止められました[これにより五十里・一ノ瀬・
中条(いずれも長野市中条)の家が浸水し、田が水没しました]。同じく山陰にある裾花
川の川上もすべて崩れ、どちらも水が流れませ...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で逗留したいと願い出たので御許容下し置かれるよう願いあげる、一、諏訪御分地埴原村
(はいばらむら、松本市中山)の甚助が、このたび勝手につき、今年六月より来年三月ま
で、当村磯右衛門方に逗留したいと願い出た、も...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
内山中ノ市会ナリ。翌日午時ニ至テモ火勢倍熾ナリ。時ニ犀川ノ洪水サカシマニ湛ヘ上リ
、水火互ニゲキシ共ニ市中ヲ没ス]上ハいなり山に至り、下飯山に及ひ、延焼する事連日
にして鎮(しづま)る。○[当是時善光寺如来有...