NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
剃らないまま参りました。お役に立たなくても、例の山平林のせき止め箇所を見回り、小
市の御普請所も見て、川中島を廻って人々を諭すなどすれば、たいしたことはなくとも少
しはお役に立てるのではないかと思います。構わな...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
て罷出候へぬ、御用ニハたゝすとも、彼山平林の堰留場所一見し、また小市の御普請所を
も見侍り、或は乗廻し川中島の民を諭し抔せば、左までの事ハ非ずとも少しく益を得侍ら
んか、くるしからずハ(改頁)彼場所にこし給へて...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
き止めているので、いくら水がたまっても流れ出すことはあるまい、高い滝になって徐々
に流れ出しても、当面川中島の方は心配あるまい、など様々に噂をしております。◯26日
に夫役山越嘉善と城詰上村瀬平を選んで、岩倉山...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
十丁程の間を留たるなれは、いかに水湛たりとも抜出る事ハあるまし、高き滝をなして漸
々にハ落入とも、当今川中嶌の憂ハなからん抔、とり/\の風説也、○廿六日に山越嘉膳
使役・上村瀬平城詰を人撰して、岩倉抜覆の場見積...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
殊ニ巌石押埋候儀ニ有之不行届、押埋場所一時ニ致破壊、一時ニ押出候節者犀川江流出山
中筋川添村々ハ勿論、川中嶋之儀者此程御届申上候通、川除土堤不残流候儀ニ有之候得者
、尚又如何様之水害ニ及可申哉難計心痛仕、此上之...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
河は言うまでもなく、裾花川も加えて、いずれ劣らぬ荒波の流れに囲まれた里々を更級郡
と言いますが、世間で川中島と称するのももっともです。千曲川と犀川はいずれ劣らぬ大
河ですが、犀川の流れは殊に比類のない水量で、そ...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
曲・犀川の大河ハいふもさらなり、裾花川の流れいつれ劣らぬ荒浪に取囲みたる中の里々
を更級郡といひ、世に川中島と唱ふるも理りなり。千曲・犀の両川何れ劣らぬ大河といへ
とも、犀川の流ハまた比類なき洪流にして、その渡...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
同じでした。小市(長野市安茂里)辺の堤防はそのために破壊されてしまいました。これ
より前に命令が出て、川中島の穀物を千曲川以東に移し、老人と子どもを東側の山に仮住
まいさせました]さて犀川の流れが止まるのは、す...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ていませんが、天然ガスとともに石油(原油)も湧出して、後には大規模に採掘されまし
た。2-27松代藩が川中島古戦場の八幡原で炊き出しをしているところです。2-29の文章
によれば、幕を張り回して三つ道具(突棒・...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
細に知ることができます。観光案内図としてこの図に描かれた北信濃は、江戸時代から、
善光寺・戸隠・姨捨・川中島古戦場などの名所がある観光地でした。この図でも善光寺・
戸隠は大きく記載されていますし、「姨捨山」の「...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田史料集
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
料批判の学問の進んでいない時代の編集であり、しかも編者が専門学者であったわけでは
ないから、甲陽軍鑑・川中島五戦記・沼田記・滋野世記・真武内伝等、江戸時代の編集本
を多く掲載しており、日本外史等、時代の降るもの...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田氏三代
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
尻峠合戦3戦功をあげる幸隆………19信玄に仕える知行地の約束手形砥石崩れと攻略重用
される幸隆4幸隆と川中島合戦………31葛尾城落城と川中島合戦子供を人質に続く戦争第
二回と第三回の川中島合戦越後との戦いの中で...
■松代イラストマップ
48松操山典廏寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、フルサイズの画像が表示されます。松操山典廏寺(しょうそうざんてんきゅうじ)宗派曹
洞宗本尊釈迦牟尼仏川中島合戦(永禄四年の戦い)で戦死した武田信玄の弟、典廏信繁を葬
う。かつてこの地にあった旧瑠璃光山鶴巣寺(...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
3日の大洪水は、濃淡の青2色で示されています。濃い青は深く浸水した場所でしょう。上
段の文章によれば、川中島平(善光寺平)への出口に当たる真神山のふもとの小市(長野
市安茂里)では、水かさが6丈6尺4寸(約20...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
泳ぎ着いたとは、比類なき泳ぎ手です。もちろん師について習ったわけでもなく、独習し
たものだそうです。◯川中島の内で、屋敷の西の方に木を多く植え込んでいた家では、こ
の木に流された家や大木・材木・がれきなどが流れ...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
く游き付しハ、比類なき水練にて有し、元より師を求めて習覚しにもなく、自得したる事
なりとそ、(改頁)○川中嶋の内、やしき西の方に木を多く植込置たる家の分ハ、其木へ
流れ家或大木・財(ママ)木・芥など流れ来りて懸...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
潟の港から北の海に入る。この川は、北国(ほっこく)にある長流である。この犀川を渡
り、千曲川との間を、川中島と呼んでいる。その西を丹波島という。ここは昔治承の末、
木曽義仲と越後の住人城太郎資平(助職)の合戦が...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
後へながれてハ信濃川と号し、新潟の湊より北海に入る。此川北国中の長流なり。此犀川
を渡り、千隈川の間を川中嶋とよべり。其西を丹波嶋といふ。此所いにしへ治承の末、木
曽義仲と越後の住人城太郎資平合戦ありし古戦場な...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
」は幸村(信繁)。まず、上杉景勝への飛脚の世話を依頼するとともに小室(小諸)・ふ
かせ(深志、松本)・川中島・諏訪の仕置は任すので、早々の可能な限りの手立てを頼む
としている。このほかには、伏見城を攻略した等の...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田三代録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
………67幸隆砥石城を占領………69義清、降服勧告をしりぞく………72長尾景虎の登場…
……75晴信の川中島作戦………80葛尾城落ちる………83義清最後の奮闘………86武田・長
尾ついに開戦………91晴信塩田城...