NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国
街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町
)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国
街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町
)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国
街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町
)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国
街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町
)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国
街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町
)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
、訪ねたいと思ったことでしょう。では、『小諸繁昌記』の内容を項目にしたがって見て
いきましょう。第一章小諸町沿革誌第一節緒言浅間山と千曲川、この「秀美高潔の江山」
に囲まれた地が信州小諸市街地であると述べていま...
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
と申し上げたため、役人たちは与良口から撤退した。騒動勢は柏木村から下ってきて、一
〇月四日に与良口から小諸町へ入った。しかし、騒動勢は小諸町では何もせず小諸町を通
り抜けた。小諸町の西側の小諸藩領の菱野村・布下...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
より少しく右に入り、千曲浅間を眺め得べき景勝の地を選びて御野立(のだて天皇の野外
の休息所)場を立つ、小諸町の造営する所にして、普請はこの間際俄に始めたるものなれ
ば、御著輦の前夜迄火を点じて辛うじて出來上りた...
『小諸義塾と木村熊二先生』 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
毫した「われらの父木村熊二先生と旧小諸義塾の記念に」と刻まれている)が埋めこまれ
ている。小諸義塾は、小諸町(現小諸市)の青年たちの要請を受け、木村熊二が中心とな
って明治26(1893)年に設立した私塾で、明...
小諸義塾の設立とその後トピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
この学校はどのような学校で、その後どうなったのかを調べる。木村熊二、島崎藤村、
丸山晩霞、小山太郎、小諸町、井出静、鮫島晋、 私立学校1 書名小諸市誌 近・現代篇
著者名 出版社 出版年内容紹介1 書名 著者...
浅間焼覚帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
町である。また、『与良区誌』(一九六九年)によれば、著者と同姓同名の与良与兵衛と
いう人が明治二四年に小諸町の町会議員になっている。本書の著者とこの人との関係も分
からないが、ゆかりの人ではないかと推測される。...
■浅間山 [解説]
第三編 浅間山変異記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
。十二月七日の噴火は上田での地震からはじまったとあり、上州吾妻郡大笹・草津・佐久
郡小沼村・岩村田町・小諸町・東京・高崎・安中・松井田・伊勢崎・前橋・浦和・熊谷・
宇都宮・横浜・水戸・福島・沼津からの報告を載せ...
■浅間山 [解説]
第四編 浅間神社考
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
る事和漢共に同じ、富士に祭れる浅間の社は、木花開耶姫の命なりといふ」というが、神
社はどこにあるのか。小諸町の山田辨道が明治三年に記した「大浅間神社大意書」と「大
浅間神社の遺跡を捜索る議」を示しています。遺跡...
■浅間山 [解説]
第八編 浅間登山
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
「望みとあらば強力などの需(もとめ)に應ずるは勿論なりとす」とまで書いています。浅
間山登山会の項には小諸町有力者のもの、小諸尋常高等小学校職員児童一同の大登山会な
どがあるとし、その活動を記しています。次に登...
■浅間山 [解説]
第十一編 拾遺雑編
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
天明の大噴火と、それにともなう小諸藩の対応などがわかる第一次資料として貴重な日記
です。第二黒酒の垂糟小諸町の山田辨道が著した『浅間神社考』の補遺です。第三道行鳴
渡村千鳥作者はわかりませんが、天明の飢饉につい...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
亡、溺死未詳一本海野村宿中床上三尺余泥入、溺死十一人八月二日三日四日とも焚出し、
四百余人之食事を出、小諸町之水害ハ夥敷事にて、溺死人計りも千人余、寺三ケ寺流失、
町家之流亡未詳、右之洪水ハ天文年間以来之洪水に...