NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた
北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分
側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた
北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分
側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた
北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分
側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた
北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分
側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた
北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分
側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、...
■戸隠善光寺往来 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
は「信濃なる浅間の山」と歌に詠まれた浅間山の麓の宿場で、まっすぐに行けば京街道・
木曽街道で、右の方を小諸宿に出れば、善光寺そのほか北国に向かう北国往還である。田
中宿、海野宿を過ぎ、上田の町から坂木宿、戸倉宿...