NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
昌幸の秀吉への接近
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
かし、事実はこれ以前に徳川軍は撤退していたのであった。それにしても、この書状によ
ると秀吉は、松本城主小笠原貞慶と「いよいよ申し談じ、越(落)度なき様に」と指示し
ている(7)。これにより、小笠原貞慶は昌幸と同...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
家康重臣石川数正の秀吉への寝返り
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
らかになった、よって家康を成敗することに決めたので、来春出馬するまでの間、信州と
甲州の両国については小笠原貞慶・木曽義昌と諸事相談して落ち度のないように、などと
も指示している。家康の老臣石川数正のこの寝返り...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、京極家へ召し抱えられた人です。京都の町割をまねして竪横に小路を割り、慶長元(15
96)年松尾の城主小笠原掃部太夫信嶺公が、関東へ所替えの後、松尾の町を持ってきて、
伊勢町の上に続けて建て、松尾町といいました...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
浪人とて上方江出御当家へ被在付候京都の(改頁)6町割ニ准して竪横ニ小路を割、慶長
元年伊賀良松尾の城主小笠原掃部太夫信嶺公関東江御所替之後、松尾町をニ引伊勢町之上
ニ建続て松尾町と号、田町も此時建継大横町并ニ上...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
家康の関東移封と真田昌幸・信幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
を除く、家康配下の信濃の諸領主は根こそぎ関東へ移されることになる。これに対し、天
正十四年に秀吉の命で小笠原・木曽とともに家康に返されたはずの真田昌幸だけは、その
まま上田にとどまり引き続き小県郡一円を支配し、...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
真田・小笠原・木曽、家康の与力に
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
六)十月、家康は大坂城の秀吉の下に出仕した。こうして家康との和議が完全になった中
で秀吉は、真田昌幸・小笠原貞慶・木曽義昌という信濃の三将を家康の配下に返すことに
している。既に見てきたように何れも天正十二年か...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
北条氏討伐へ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
其の意を得、境目諸城共来春迄人数入れ置き、堅固に申し付くべく候。自然其の面(おも
て)人数入り候はば、小笠原・河中島へも申し遣はし候。注進候て彼の徒党等を召し寄せ
懸け留め置くべく候。誠に天下に対し抜公事表裏仕...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
信濃真田氏
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
解に就て………栗岩英治227上田築城の開始をめぐる真田・徳川・上杉の動静………寺島
隆史239-上杉・小笠原の麻績合戦の再考もあわせて-第一次上田合戦前後における真田
昌幸の動静の再考………寺島隆史273第一次...