NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
520年)に、島立右近太夫貞永という人が、井川城を移してこれをを築き、そののち大永3
年(1523)、小笠原家一族の水上宗浮という人が、信濃国の仁科からこの城に移りました
。また天文2年(1533)に、小笠原大...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
城は永正の元、島立右近太夫貞永といふ人、井川の城を移して是を築、そのゝち大永三年
、水上宗浮といふ人[小笠原家の一族なり、]同国仁科より此城に移る、また天文二年、
笠原大膳大夫長時林の城より爰に移り給ふ、同二...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 青柳
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
はじめは信濃衆の一味だったともいい、伊勢守の代に甲州武田家に属し、50騎の軍役でし
た。甲州が没落し、小笠原貞慶(さだよし)が帰城の後もなお小県(ちいさがた)郡の真
田氏等に味方して、越後の上杉景勝に志を通じて...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 会田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
空蔵山が見えますが、会田小次郎広政の古城地です。広政は海野幸継の2男で、はじめは
当国衆の一味でした。小笠原の籏下でしたが、武田家の鋒先が強勢だったので、甲州へく
だって10騎の軍役になりました。小笠原氏が帰国...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 青柳
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
勢守頼長なり、始は信濃衆一味なりしかとも、伊勢守代に甲州の武田家に属し、五十騎の
軍役たり、甲州没落、小笠原貞慶帰城の後もなほ小県郡の真田等と一味して、越後の景勝
へ志を通るにや、小笠原家ヘ一応の届もなく無礼の...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
)医療機械其外諸高名売薬仝大門町四丁目永寿屋北沢夲店―――長野市大門町一丁目(商
標)製茶問屋喜多乃園小笠原平作(絵)―――(改頁)35和漢洋薬種(商標)諸大家売薬
絵具染料品長野市大門町二丁目小升屋号小林伝兵...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の際、一々手記の余暇もあらさりけれは、茲に詳述すること能はす。(改頁)10当寺は畳
秀山開善寺と号し、小笠原貞宗の創建にして、開山は福州連江人清拙正澄大和尚と云ふ。
又今の住職を中嶋智蕙師と云ひ、義に勇み利を言...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 苅屋原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
です(弟共3男ともいいます)。文明18年(1486)に鎌倉で道灌が討死のときに、信濃国
に落ちて来て、小笠原に属し、大永3年癸未(1523)からこの城主です。700貫文を領し、
小笠原家では一番大きいです。この...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 苅屋原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
者居住せり、太田道灌の一族なり、[弟共三男ともいふ、]文明十八年鎌倉にて道灌討死の
砌、当国に落来り、小笠原に属し、大永三年癸未より当城主たり、七百貫文を領し、小笠
家にて一の大身なり、此辺十六ヶ村を領し、武...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 会田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、北東に虚空蔵山見ゆる、則会田小次郎広政の古城地なり、広政は海野幸継の二男にて、
始は当国衆一味たり、小笠原の籏下なりしが、武田家の鋒先強勢なるに依て、甲州へ降て
十騎の軍役たり、小笠原帰国の後、会田・青柳・麻...
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
宿贄川え二里」旅籠屋四軒、店二軒松本平と木曽とを結ぶ地として、政治上・軍事上の要
地であった。松本城主小笠原秀政が慶長19年(1614)本山宿の問屋役を命じた文書が残さ
れている。桜沢から牛首峠を越え、小野に至...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 郷原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ありますが、この桔梗が原のものは上品とされています。(注)郷原宿は、慶長19年(16
14)に松本城主小笠原秀政が、中山道洗馬宿と北国街道を結ぶために、北国脇往還を整備
したときに設定した宿場の一つで、洗馬宿と...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 麻績
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
麻績氏は天文22年(1553)に武田氏に攻められて上杉氏」へ逃げ、のちにふたたび麻績へ
入りましたが、小笠原氏に心を寄せたので、天正11年(1583)に上杉氏に攻め滅ぼされま
した。麻績神明社は宮本にあり、伊勢...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
通行があるか又は御家中等決まった御通行があるか御尋があった。このことは、堀大和守
様・座光寺喜兵衛様・小笠原兵庫様・近藤権太郎様年々御通行され、そのほか御朱印御証
文御用の人馬が、急に通る御武家様方があります。...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
付、御大名様方御通行有之哉又ハ御家中等極り候而御通有候哉御尋ニ御座候此儀堀大和守
様・座光寺喜兵衛様・小笠原兵庫様・近藤権太郎様年々御通行被遊、其外御朱印御証文御
用人馬不意御通り被成候御武家様方御座候所、拾八...