NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
「戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
「戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸の被害トピック(テーマ) ねらい キーワード
概要を知るための ツール 雑誌インタ...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。なお、その右岸は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で
流れが接近している。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に降り続いていた雨が
、二つの川のさらに上流で土石流を発生させ、二つの...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。なお、その右岸は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で
流れが接近している。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に降り続いていた雨が
、二つの川のさらに上流で土石流を発生させ、二つの...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。なお、その右岸は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で
流れが接近している。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に降り続いていた雨が
、二つの川のさらに上流で土石流を発生させ、二つの...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
斉藤洋一千曲川上流域で「戌の満水」の最も大きな被害を受けたのは、佐久郡上畑村(現
佐久穂町)であった。寛保二年八月の「上畑村水災救恤願」(一〇一一〇)によれば、流
死者二四八人(『八千穂村誌』第四巻によれば、全体...
寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
斉藤洋一千曲川上流域で「戌の満水」の最も大きな被害を受けたのは、佐久郡上畑村(現
佐久穂町)であった。寛保二年八月の「上畑村水災救恤願」(一〇一一〇)によれば、流
死者二四八人(『八千穂村誌』第四巻によれば、全体...
寛保二年十月上畑村総百姓往還道・屋敷移転取極証文 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
斉藤洋一千曲川上流域で「戌の満水」の最も大きな被害を受けたのは、佐久郡上畑村(現
佐久穂町)であった。寛保二年八月の「上畑村水災救恤願」(一〇一一〇)によれば、流
死者二四八人(『八千穂村誌』第四巻によれば、全体...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。なお、その右岸は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で
流れが接近している。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に降り続いていた雨が
、二つの川のさらに上流で土石流を発生させ、二つの...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。なお、その右岸は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で
流れが接近している。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に降り続いていた雨が
、二つの川のさらに上流で土石流を発生させ、二つの...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
月宿(現佐久市)が存在した。望月宿は戸時代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江
戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越えて下って行くと望月新町に出る。望月
新町の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲川に...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
後国与板藩主であった大殿様(祖父)の牧野周防守様が、元禄十六年九月に小諸藩主とな
ってから四十二年目の寛保二年(藩主は内膳正様)に大災害があったので、書き記してお
きます。寛保二年七月(小の月)二十九日の夜九ツ時...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
月宿(現佐久市)が存在した。望月宿は戸時代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江
戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越えて下って行くと望月新町に出る。望月
新町の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲川に...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
月宿(現佐久市)が存在した。望月宿は戸時代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江
戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越えて下って行くと望月新町に出る。望月
新町の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲川に...
寛保三年三月復旧方懇願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
月宿(現佐久市)が存在した。望月宿は戸時代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江
戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越えて下って行くと望月新町に出る。望月
新町の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲川に...
割田家文書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
る千曲川の水害に苦しめられてきた。笠倉村における戌の満水の記録は、次の五点が地元
に残されている。・(寛保二年)八月六日乍恐以書付ヲ申上候御事・寛保二年八月乍恐以
書付奉願候事・寛保二年十二月乍恐以書付奉願候御事...
寛保二年大洪水余禄 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
寛保二年大洪水余録」(小諸市小山隆司氏)寛保2年7月1日は戌午の日、同月29日は丙
戌日である。晩七ツ時(午後...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
められた記録や、のちの世の聞き書きも残されており、現在でもその一部が発見されるこ
とがあります。では、寛保二年(一七四二)の戌の満水の被害状況を『原町問屋日記』に
書き留められた順番に『海野町問屋日記』と『信濃国...
寛保二壬戌歳満水記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]真田宝物館降幡浩樹寛保2年(1742)7月、関東一円及び信濃を襲った大豪雨は、戌
年にあたっていたため、戌年の満水とも呼ばれまし...
割田家文書 [現代訳]
史料2 寛保二年八月 乍恐以書付奉願候事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
願いいたします。御慈悲をもって御願いの通り命ぜられれば、村々全ての百姓の御救いと
なり有難く存じます。寛保二年戌八月...
割田家文書 [現代訳]
史料3 寛保二年十二月 乍恐以書付奉願候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ただき、藩による工事をしていただければ、御救いとなり有り難く存じます。本多相模守
領分信州水内郡笠倉村寛保二年戌十二月惣百姓代 又六(印)組頭利左衛門(印)同六右
衛門(印)庄屋九郎右衛門(印)御普請方御役人衆中...