NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
(表紙)宿継についての大切な書類の記録脇坂様よりいただいた証文の写定め一たて茶一
紙荷一綿一ひつ荷一めんたい一ふ...
宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
(表紙)「宿継要書留」脇坂様より被下置候御証文之写2定一たて茶一紙荷一綿一ひつ荷
一めんたい一ふと物一麻荢一たばこ...
宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
[目録]松川町資料館伊坪達郎『宿継要書留』は、飯田市立中央図書館に所蔵されている「
飯田文書」の中にあります。「飯田文書」は、様々な経...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
16.舎生心得
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
42第一総則一、寄宿舎は生徒の品性を陶冶し、共同自治の精神を涵養し、智能を錬磨せし
むるを以て目的とす一、寄宿生は本校諸規...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
2むしくら日記凡例○弘化三(ママ)丁未三月、予此月御用奉、辰の刻に登営し、未の刻
に鎌原石州と代りて下宿し、酉の刻に又登営し丑の刻に下宿しぬ、四月ニ至りても申合せ
其如くになしぬ、四月十三日水災の後ハ夜の登...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
けい皇后、皇太子が出かけ先から帰る)を仰出だされ、引続きて奉送者一同夫々に帰京せ
り。3此日は浦和に御宿泊、翌三十一日は桶川御宿泊、九月一日は熊谷、二日は新町、三
日は前橋、四日は高崎、五日は松井田に御宿泊...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎寄宿舎建築
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
26寄宿舎は本年3月迄は本校舎内に設けられて30名ばかりの舍生が居りましたが、学年が
殖へますと同時に生徒の数...
■善光寺道名所図会 [解説]
『善光寺道名所図会』の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
5巻5冊からなる『善光寺道名所図会』は、中山道洗馬宿から善光寺道を各宿駅を経て善光
寺に至ります。さらに善光寺から北国街道を江戸に向い、碓氷峠に至る間の各...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
8.長野県立甲種木曾山林学校学則
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ズルモノトス停学に処シタルトキハ知事ニ報告シ、放校ニ処セントスルトキハ知事ノ認可
ヲ受クベシ第10章寄宿舎第 41条本校生徒ニシテ住所ヨリ通学シ能ハザルモノハ寄宿舎ニ
入ラシムルモノトス但シ都合ニヨリ舎外ニ...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
后二時又発して、武石川を過き、依田川の沿岸なる、長窪古町に達し、夫より長久保新町
を経て、午后五時和田宿に到着し、翠川与兵衛、永井喜左衛門の二氏に投(改頁)宿す。
上田より此に至るまて。里程八里なれとも、午...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ふ大将を被命右両人案内申上導して信州ニ入、老臣竹村・吉川・久保田三人を召連れ、時
ニ文治三年飯田郷松原宿ニ到着候、則居館を営ミ住之、郷民之悦び斜(改頁)ならず崇啓
之、此近藤氏ハ本国淡路國坂西の人也平家追討...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
束大蔵大輔)正家(花押)増右(増田右衛門尉)長盛(花押)徳善(前田徳善院)玄以(
黒印)真田安房守殿御宿所真田昌幸宛宇喜多秀家書状<史料解説>「真田昌幸宛宇喜多秀
家書状」真田宝物館蔵慶長五年(一六〇〇)七...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎長野県西筑摩郡立甲種木曾山林学校学則
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
礼節を慎み、正直を旨とし温良の態度を備ふべし第32条生徒心得に関する細則は学校長別
に之を定む第8章寄宿舎第33条本校生徒にして住所より通学し能(あた)はざるものは寄宿
舎に入らしむるものとす但し都合により...
■信州浅間焼之事 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
がき)も白くなり、木や草はみな花が咲いたようになり、雪の朝のようで、めずらしいな
がめであった。大きな宿場なので、家々から人が出て灰をかき寄せ、桶に入れ、箱に盛り
、家へ運びこんだ。空はよく晴れて、日影でも...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
1.犀川通船の盛衰
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
(1)宿場と中馬の反発松本から北国脇往還(善光寺街道)を経由して善光寺まで荷物を
運ぶには、「岡田村・刈谷原村...
■戸隠善光寺往来 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
誘われるように、卯の花の咲き乱れる中を、家を出、本郷通りの追分から巣鴨町を過ぎ、
庚申塚で休憩し、板橋宿を経て、戸田の渡しで羽黒社を遥拝し、蕨宿、浦和宿から大宮権
現(氷川神社)を過ぎ、上尾宿、桶川宿へ。鴻...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
16左洗馬から郷原(善光寺道の宿場)まで1里半、塩尻(中山道の宿場)まで1里30町です
。京都から江戸まで69宿のうち、洗馬は39宿に...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
神岳の守護神とする事是によれり、(略)所々道法上方より江戸往来の節、別所北向山参
らんにハ、中山道洗馬宿より松本へ出、保福寺峠を越へ別所へ下り、十一里余、別所より
長瀬通り海野宿へ出て、追分宿まて九里也、(...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(ちもく注4)をして見たい。○長久保の門口くぐれば心が變る家へ歸れば氣が變る。(
旧長久保(ながくぼ)宿に女郎あり)(改頁)52○長い長久保流れど燒けどそばの三蔦(
みつづた)殘りやよい。(三鳶は遊廊の一)...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
15.寄宿
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
40本校生徒は自宅より又は親戚より通学するものゝ外は、凡て寄宿舎に収容し、舎監其他
の厳正なる (改頁) 監督と生徒の自治と相須(あいまち)て善...