NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
見分に来た幕府役人へ、田地もおびただしく流され、田地のための堤防工事をお願いした
が、望月宿は中山道の宿場であるから、宿場としての役目がはたせなければ宿場としての
かいがない、宿場としてやってゆけるよう、宿場...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
見分に来た幕府役人へ、田地もおびただしく流され、田地のための堤防工事をお願いした
が、望月宿は中山道の宿場であるから、宿場としての役目がはたせなければ宿場としての
かいがない、宿場としてやってゆけるよう、宿場...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
見分に来た幕府役人へ、田地もおびただしく流され、田地のための堤防工事をお願いした
が、望月宿は中山道の宿場であるから、宿場としての役目がはたせなければ宿場としての
かいがない、宿場としてやってゆけるよう、宿場...
寛保三年三月復旧方懇願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
見分に来た幕府役人へ、田地もおびただしく流され、田地のための堤防工事をお願いした
が、望月宿は中山道の宿場であるから、宿場としての役目がはたせなければ宿場としての
かいがない、宿場としてやってゆけるよう、宿場...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ていただいたとおりです。そのうえ田地もおびただしく流失し、伝馬役を務めかねる困窮
状態です。そこで先に宿場の堤防工事をお願いしましたが、今回流失しないで残った田地
の堤防工事を、別紙帳面のとおりお願いします。...
■信州浅間焼之事 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
がき)も白くなり、木や草はみな花が咲いたようになり、雪の朝のようで、めずらしいな
がめであった。大きな宿場なので、家々から人が出て灰をかき寄せ、桶に入れ、箱に盛り
、家へ運びこんだ。空はよく晴れて、日影でも暑...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あるいは岩村田宿で作成されたと推定される)ものなので、一括して解説する。ちなみに
岩村田宿は、中山道の宿場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場
が軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あるいは岩村田宿で作成されたと推定される)ものなので、一括して解説する。ちなみに
岩村田宿は、中山道の宿場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場
が軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三...
天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あるいは岩村田宿で作成されたと推定される)ものなので、一括して解説する。ちなみに
岩村田宿は、中山道の宿場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場
が軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
において、一地域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下
町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分
宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
において、一地域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下
町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分
宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
において、一地域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下
町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分
宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
において、一地域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下
町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分
宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
において、一地域単位で「戌の満水」による最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下
町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)である。小諸町は、中山道追分
宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
をもって願い上げ奉る事一、望月宿は去年戌八月の大満水によって、このたびご見分下さ
れたとおり、大破し、宿場としての務めができず、困窮しています。そこで堤防工事をお
願いしましたが、川筋が悪いため、工事をしてい...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
。夜に旅する人は吹上(荒木村の地名)の石灯籠を見て、旅の疲れを忘れ、もう善光寺に
着いた気分になって、宿場に入る馬の鈴の音もおもしろく、馬子唄を聞きながら荒木村を
過ぎれば、中御所村に至ります。その昔(1-2...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
げる者、庄内村吉弥(改頁)九月朔日天気、西山あれ見える朔日参り二日に帰る一、この
たび和田宿(中山道の宿場)より宿立人馬が不足なので、村への派遣があり、御公役村が
らの御見分があるので、懸り御手代広瀬小左衛門...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
洪水が発生する前までの被害状況を図示しています。山や川を描くのは当然ですが、凡例
にあるように、駅市(宿場)、本郷(村)、支属(枝村)、温泉、新田、城、陣屋、古城
、関、神社仏刹(寺院)、渡などが詳細に描かれ...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ニ而ハ凡二千石程も可有之様子之由、中野御支配地震潰村々多有之、中ニも北国往還牟礼
・野尻・古間・柏原等宿場之事故、御手充拝借外並方より多分之由、尤駅場ニ付而ハ往来
差支候程之儀故、一通り潰村々へハ壱軒ニ付金壱...
■浅間山噴火の被害記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
そして、軽井沢宿は大きな被害を受けたが、隣の沓掛宿ではそれほど大きな被害は受けな
かった。それより先の宿場になれば、さらに被害は少なかった。「沓井宿」は「沓掛宿」
の誤記ではないかと思われる。このように本書に...