NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
株式会社第十九銀行卜製糸業1(改頁)(改頁)2緒言糸ハ本邦輸出品ノ最高位ヲ占ムル
重要物産ニシテ吾信州ハ実ニ其輸出額ノ三分一強ヲ産出スル工業地ナリ而シテ...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
(改頁)7上田郷友会月報第六百八十號昭和十八年九月二十五日発行(中略)(改頁)8既往八十
下釚太郎(中略)(改頁)10(中略)明治二年正月、私が六歳になったので、町内の增田先
(名は秀実帽岳...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
道の16宿と争論となった。その時江戸の評定所において仰せ付けられた裁許状の写は左の
通りである。中馬方木村へ1通宿方飯田へ1通商人方松本へ1通信州伊奈郡73か村中馬な
らびに同国筑摩郡松本町商人と、同国伊...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
元禄七甲戌年八月中馬追共、伊奈街道十六ケ宿及論事ニ、其節江戸於評定所被仰付、御裁
許状之写左之通中馬方木村へ壱通宿方飯田へ壱通商人方松本へ壱通(改頁)信州伊奈郡
七拾三ケ村中馬并同国筑摩郡松本町商人与同国...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
内善光寺上りは丹波島へ1里である。越後の方へ下るには、善光寺から荒町(新町)へ1里
、牟礼へ2里半、柏へ1里、野尻へ1里、越後の関川へ1里半、ここまでの道のりは7里で
ある。野尻には湖水がある。そこから流...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
仗兵(ぎじょうへい)、御旗、次に儀仗兵二小隊四列をなして前後左右より御輦に従ひ奉
り、両皇后の御輦(柳典侍陪乗)続いて後に輾り、有栖川、伏見、東伏見北白川
、閑院を始め奉り、三條太政大臣、岩倉右...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
0年)に、島立右近太夫貞永という人が、井川城を移してこれをを築き、そののち大永3年
(1523)、小笠家一族の水上宗浮という人が、信濃国の仁科からこの城に移りました。
また天文2年(1533)に、小笠大...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
保二酉年十一月杉本所左衛門黒須卯太右衛門右之通村々江被為仰付、御町方江御書出被下
置候、尤上川路村市田町之儀者宿場たるニより、旅人入用之物御免被遊候、其内塩・茶
・肴御町ニ而請売仕候様ニ被仰付候旨、其以後...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
[本文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
[本文]2目次【第144号】創立20周年所感 岡部喜平卒業に望む西澤静人記念号へ米山太
木曽の五木と害虫菊池祝詞川丑作木曽御料林雑詠三村千載祝詠安井正夫...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
女子古田長十郎室 南室仙喬法尼本家喜左衛門家督三男小沢喜左衛門氏久天長亮賀居士(改
頁)5[四男]外戚左衛門子小沢左衛門小沢小左衛門棟林元梁居士貴嶽盛高居士雪巌素仙
大姉永嶽寿昌大姉小左衛門嫡子左衛門...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
[目録]「上田郷友会月報」記念号-既往80年下釚太郎-の解説長野県図書館協会下明
下釚太郎、号は無濁、上田郷友会育ての親といわれた。元治元年...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
3登リ丹波嶌ヘ一里なり、越後の方へ下るにハ、善光寺より荒町ヘ一里、牟礼へ二里半、
ヘ一里、野尻ヘ一里、越後の関川ヘ一里半、是迄の順路七里なり、野尻に湖水あり、
其流れ越後の今町の浜にて...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の町である。5丁ある。駅の入口は、5丁目である。石堂町末広町を突き当たって、南北の
町である。米屋町荻町末広町を突き当たり、石堂町を少し上って左へ行く町である。こ
こを行けば相橋を通り、安茂里村などの村...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ハ、則五丁目なり。(改頁)6◎石堂町末広町を行あたりて、南北の町なり。○米屋町末
広町を行あたり、○荻町石堂町を小(ママ)し上りて左りへ行町なり。是を行ハ、相
橋を通り、安茂里村及村々の用路、大町街道な...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
ことをするものがあったら、調べた上できっと罰すること宝永2(1702)年閏4月25日杉本
所左衛門 束市右衛門知久町通り本町通り池田町通り松尾町通り大横町通り右町中年寄
問屋庄屋【(朱書)2○】定一穀類一...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
苗写本一冊」 (改頁)2 「上田の早苗」(改頁)3 上田の早苗一巻上田
成沢寛経翁ノ著ナリ、今鷲見氏ノ蔵写本ヲ借リテ謄写ス、但此写本ノ表紙ニ上田の早苗[
其他聞書綴こみ]ト...
■おらが春 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
家に伝へし坊が遺稿をその儘上木して、追慕のこゝろさしを尽す。予も亦旧知己をわすれ
す、坊か命終の年、柏の旧里を訪ひて往事をかたるに、あるひは泣、あるひはわらひて
わかれぬ。其俤まほろしに見えて、扨こそこの...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
屋の皆と例のとおり在方の者も出席し、午後2時半に終わった。大庄屋の藤森・栗林・丸
山・等々力・清水・上・中沢・中田・小藤井・小藤森が出席した。4日、寺院の御目見
えを仰せ付けられ、鍛之助が差し出し、これま...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
御目見被仰付、同役一統并例之通在方俗者罷出、首尾八ツ時半相済、同役藤森・栗林・丸
山・等々力・清水・上・中沢・中田・小藤井・小藤森四日一当日寺院御目見被仰付、鍛
之助差出是又首尾能相済、夫より御年寄方御奉...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
壱番入門記録1門人記録23箕瀬文政八十月十一日鍋屋平左衛門殿息子一当酉拾弐歳平松金
郎爪印【(付箋)「現住上飯田羽場松下宇三郎祖父明治三十五年調」】知久町三丁目同
断綿屋与市殿息子一当酉...