NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
東西に分かれた真田父子
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
への忠節、つまりは西軍への同心を求めている。家康(内府)が会津の上杉景勝征討の軍
を起こしたのは誓詞や太閤の置目(遺言)に背くものであり、相談して「楯鉾に及」ぶ、
即ち挙兵した、別紙に掲げた家康の非違条項を尤...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
伏見城普請
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
天正十九年(一五九一)甥の秀次を関白に就任させ、関白の政庁としての聚楽第も秀次に
明け渡した。こうして太閤となった秀吉が、京都郊外伏見に築いた城が伏見城である。最
初は秀吉の隠居城として着工されたが、文禄三年...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
わ)りに候。関東へ罷り立ち候衆、妻子人質も堅く召し置き候間、異儀有るべからざる歟
(か)。貴殿の御事、太閤様別して御懇ろ御忘却無く候はば、此の節、秀頼様へ御忠節肝
要に候。其の上景勝申し談じ候はば、関東即時に...