NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
天竜川・木曽川と水害についてトピック(テ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
天竜川・木曽川と水害についてトピック(テーマ) ねらい キーワード 概要を知るための
ツール資料リスト天竜...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
2.天竜川通船
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
通船の方が少なくてすむ。」(「下伊那史」第8巻P707 )と提言し、松本・高島・高遠藩
も国益振興上、天竜川船に着目していたので孫市の企画を取り上げました。その後、木曽
11宿から反対が起こったので、変更願書を...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
美篶村、伊那村等に属すれとも、人家も無くて寂寥(さび)しきに、細雨さへ降りて、今
朝は往来の人もなし。天竜川を渡り、坂下に来りて、高等小学校を訪ひ、春宮祐一郎氏に
面晤(めんご)し、暫時休止して辞し去る。伊奈部...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [解説]
2.本書の概況と特徴
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
水曜日)朝曇、后晴、飯田発下河路村開善寺泊、道程凡2里」「8月4日(木曜日)朝曇朝
曇、后晴開善寺発、天竜川を経て遠州二俣泊、道程凡21里」とあります。この後、8月5日
から10日の1週間分の記載はなく、いきな...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
はじめに
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
長野県は日本列島の中央高地を占め、高山に源を発する大河は「流れ淀まずゆく水は北に
犀川千曲川南に木曽川天竜川これまた国の固めなり」と県歌「信濃の国」に歌われていま
す。これらの河川は、日本海、太平洋へと注いでお...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
の麓は高原をなし、西北低き処水を湛へて諏訪湖をなす。其水面は海抜七百八十米突、周
囲四里二十丁、流れて天龍川となる。風景明媚(めいび)、湖光山色、天然の好画図なり
。冬季湖面氷結し厚きこと尺余、神渡の伝説ありて...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
おわりに
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
た信州の通船は既に姿を消し、現在、観光用として残っているのみですが、宿継ぎ駅や中
馬の廃止、犀川通船、天竜川通船、千曲川通船の勃興、衰退などの歴史から学ぶことは多
い。<参考文献>※「信濃の青竜犀川」(建設省北...
■宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
へ入封してきた毛利秀頼は、飯田城拡張・飯田城下町整備に力を尽くしました。この時飯
田より北部の街道を、天竜川沿いから西方の山沿いに移すことに着手しました。そして脇
坂氏の治世になって、宿駅制度が完備しました、正...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
買人も近くなので自由がよく、買って帰るようになり、このままでは町方の商売が衰微し
てしまいます。その上天竜川東から出た荷物で、他所へ行く付け送りの取次などまでもし
ています。このようなことは自然と近村へも影響し...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
信州飯田城下町屋の覚え一信濃国下伊那郡郊戸庄飯田郷六本杉長姫城は、下伊那の一城で
、一里東は天竜川一里西は風越山です。南北は城を挟んで荒川が流れています。敵を防ぐ
ことのできるしっかりした城です。城が...
■諏訪蠶絲業紀要<昭和5年> [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
和田嶺の嶮を越し安筑及濃飛地方より輸入は、塩尻峠を越すに非らざれば得る事能はず、
又上下伊那地方よりは天龍川の谿(たに)に沿ひて人馬の脊を賴むより外途なく為めに僅
々十里(三七.五キロメートル)内外の近距離も尚...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ハ追々子供も相増御教方一段ニ而評判宜相成隣村より(改頁)20段々門人繁昌し北殿南殿塩
ノ井田畑神子柴[天竜川向]牧村より者大野田兵馬左衛門の子息抔参り右村々之子供ニ而四
拾人余ニ成取持能御安心ニ御暮被成候此時南...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
3)シタリシニ。学幟迎へ。学幟送ル。百里ノ行途旗影ヲ踏サルハナシ。就中(なかんずく)
舟ヲ債(かり)テ天龍川ヲ泝(さかのぼる)ニ。東西ノ村落ハ松樹ノ中ニ隠見シ。学幟参差(
さんさ)(注4)。風ニ翻(ひるがえる)...
長野県の災害についてトピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
0002-00/ 昭和36年6月下旬に伊那谷を襲った豪雨災害「三六災害」の記録をアー カイブ
した。 天竜川上流河川事務所URL 3 サイト名URL 4 サイト名URL 5 サイト名http://www.
cb...