NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
天保(てんぽう)四年(一八三三)癸已(みずのとみ)、同五年甲午(きのえうま)、同
六年乙未(きのとひつじ)...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
天保四癸已2同五甲午同六乙未同七丙申同八丁酉同九戊戌同十巳亥同十一庚子春迄委知(
改頁)飢饉(ききん)の天...
■違作書留帳 [解説]
4、『松本市史』記述の天保の飢饉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
『松本市史』第2巻歴史編Ⅱ近世には、天保の飢饉について、かなりの頁をさいて紹介し
ています。以下、その部分を引用します。天保の飢饉凶作は貯えの...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
試月先生とも申学文能詩作等も被遊候諸礼等委敷(くわしく)祖父団治へ不残御伝授有之
右伝書等所持罷在候処天保五甲午二月朔日夜火災ニ付其外書類焼失残念之至ニ候五男五藤
次気性も能両親寵愛(改頁)にて手習学問を励み...
天保饉愁 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
[目録]東御市文化財保護審議会寺島隆史江戸時代後期、天保年間に起こった天保の大飢饉
についての手記です。凶作により高騰した上田や江戸ほかの穀物相場も記されてい...
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の整備にあたり慶長の初期、御牧ヶ原南裾にあった村や八幡の本村の人家を道沿いに移し
て成立した宿である。天保14年(1843)ごろの旅籠屋は7軒であった。本陣1、脇本陣4と
宿の大きさに比して脇本陣が多いのは、...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
二日九月二十三日曇る九月二十四日同じく曇る(改頁)九月二十五日曇る一、木綿短尺に
ついて、去る卯の年(天保十四年、弘化四年より四年前)八月に御世話があったところ相
流れた、当所の木綿については多分絞り等など相...
■違作書留帳 [解説]
1、「違作書留帳」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
帳」は、近世村神戸村の村役人を務めた丸山家の文書群5600点余のなかのひとつです。「
違作書留帳」は、天保4年(1833)から11年(1840)にかけての記録で、当時全国に被害
をもたらした天保の飢饉に関して...
『長野史料』索引 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
年]人七前半善光寺外十四村引高[明治二年]人七一一一享和三年権堂田町高附帳人二一五
有地改冲付帳[妻科天保四年]仏五六一信濃御朱印寺社領人七九八(改頁)二、物価工賃安
永ヨリ文久ニ至ル駄賃帳人三四〇安政六年江...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
大雪、朝凡壱尺五六寸ふる、終日雪三月八日快晴暖し宗門送り之義ハ大節之事ニ候処、区
々之取計有之、既去ル天保十三寅三月聢与御達しニ相成居候処、今以不同之心得有之候趣
相聞、以之外之儀ニ候、寺院も先寺より慥之送り...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
月25日に改められて今日にいたっています。松本の歴代城主の崇敬は厚く、いくつかの寄
進をうけています。天保12年(1841)に深志神社というようになりました。28右里老の話
越後の大将(上杉謙信)がこれを聞き...
天保饉愁 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
上田海野町松原晋蜂1(東山堂主人)天保飢饉 物価等記録天保飢愁全 (改頁)2(改頁)&
nbsp;饉愁序世の中ハ皆かげろふかちんぷ...
■検地仕法 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
は、今井村(松本市今井)と古見村(東筑摩郡朝日村)との用水をめぐる紛争解決のため
に、幕府がおこなった天保5年(1834)の検地を説明した絵図です。鎖川(くさりがわ)
用水に依存する今井・古見・小野沢新田(朝...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
殿息女一当午八歳小木曽さと爪印十月二十四日池田町釘屋弥平次殿息子一当午八歳福沢竹
次郎爪印(改頁)57天保六未年正月二十二日箕瀬町丈長屋弥兵衛殿三男一当未九歳多田金三
郎爪印同断同断治助殿息子一当未拾一歳松下...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
1.犀川通船の盛衰
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の通船計画は、それまでの流通体系を大きく覆すものであった。」(「信濃の青竜犀川」
P264)犀川通船は天保3年(1832年)に松本の白板から信州新町までの14里間で運行が始
ったが、最初の通船願いが元文4年(...
■善光寺道名所図会 [解説]
著者
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
本書は、天保14年(1843)に脱稿し、下絵のままのものは改めて依頼して精画とし、嘉永
元年(1848)に校閲を得...
■拾八町家並帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
つの家並帳が紹介されています。そのうち江戸時代のものは、宝暦2(1752)年・寛政9(
1797)年・天保2(1831)年の3点です。宝暦2年と天保2年の家並帳は、太田浅太郎『飯田
町小史』(大正14年)の中...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
杉本所左衛門印舘野太左衛門印阿久津四郎兵衛印本町通知久町通番匠町通大横町通松尾町
通右13町の者どもへ天保4(1833)癸卯年9月これを写す【(朱書)六○】一城下町の市運
上は、むかしより飯田へ塩・茶・肴の三...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
太左衛門 印阿四郎兵衛 印(改頁)本町通知久町通番匠町通大横町通松尾町通右拾三町之
者共江(改頁)26天保四癸卯年九月写之(改頁)【(朱書)六○】一御城下町市運上之事
、古来より飯田江塩茶肴三色者馬方之心次第...
■蚕がひの学 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
大要(たいえう)は。掃立(はきたて)より日数(ひかず)つもり手入(ていれ)の事(こと)とあ
る。・・・天保十二丑年信州上田在塩尻村藤本善右衛門誌之」最後の文章は、原書の通り
に記した。漢字にはすべてルビが振ら...