NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
(改頁)64○寛保二戌年八月二日大満水之事八月朔日雨ふり出し急満水、同日暮方押切分水
土橋へ支候、夜半時松川満水、松村小布施町之上ミへ押かけ...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
和五子年奉願国役御普請被成下候以来、文政三辰年迄都合六ヶ度国役御普請被成下、漸相
防罷在候処、同七申年大満水ニ而御普請所及大破候付、奉願見分は有之候得共、折節万石
以上国役御普請被成下間敷旨被仰出候付、其以来無...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら願書をもってご訴訟申し上げます一、当八月一日の夜中から二日の朝まで大満
で、千曲川・大石川・飯塚川・沢入川の四つの川が一つになり、当村の住宅地へ押しか
け、流死の者男女二百四...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐願書を以御訴詔申上候御事一当八月朔日之夜中より二日之朝迄大満水ニ而、千曲川
・大石川・飯塚川・沢入川四ケ所之川一つ罷成当村家居江押掛ケ、流死之者男女弐百四拾
八人、流...
寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら願書をもってご訴訟申し上げます一、当八月一日・二日の大満水によって、田
畑はいうまでもなく、家屋敷・家財・食糧・衣類・種物・諸道具・糞・灰まで、残らず流
失し、御...
寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乍恐願書を以御訴詔申上候御事1一当八月朔日・二日之大満水ニ而御田畑ハ不及申、家屋
敷・家財・夫食・衣類・種物・諸道具・冀・灰共ニ不残流失仕、当分より被下候物一...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
百人と云数もしれす引続き、老たるを脊負、幼きを抱き泣叫ひ、転つまろひつ参り候まゝ
、人毎に問候ひしに、大満水と申候故、御注進申候と申、扨ハ心元なし、再行て、水を見
は告よ、とく行よと云含(改頁)15遣りぬ、暫く...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
沢入川(北側)という四つの川の川端に位置していたが、八月一日夜中から二日の朝まで
降った雨で四つの川が大満水となり、「村前後左右より水(が上畑村へ)押しかけ」たか
らであった(これによれば、洪水は八月二日に起こ...
寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
沢入川(北側)という四つの川の川端に位置していたが、八月一日夜中から二日の朝まで
降った雨で四つの川が大満水となり、「村前後左右より水(が上畑村へ)押しかけ」たか
らであった(これによれば、洪水は八月二日に起こ...
寛保二年十月上畑村総百姓往還道・屋敷移転取極証文 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
沢入川(北側)という四つの川の川端に位置していたが、八月一日夜中から二日の朝まで
降った雨で四つの川が大満水となり、「村前後左右より水(が上畑村へ)押しかけ」たか
らであった(これによれば、洪水は八月二日に起こ...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え一、望月宿は去年戌八月の大満水によっ
て伝馬役屋敷二十軒ならびに裏家・土蔵・木小屋などまで流失しました。このたび見分し
ていただいたと...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐以書付奉願上候口上之覚一望月宿去ル戌之八月大満水ニ而、当宿御伝馬役屋敷弐拾
軒並裏家・土蔵・木小屋等迄流失仕、此度御見分被成下置候通ニ御座候、其上田地...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願い上げ奉る事一、望月宿は去年戌八月の大満水によって、この
たびご見分下されたとおり、大破し、宿場としての務めができず、困窮しています。そこ
で堤防...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐以書付奉願上候御事一望月宿去戌八月大満水ニ而、此度御見分被成下置候通大破仕
、駅宿御伝馬役相勤兼候躰ニ而、千万困窮至極仕候、依之川除ケ御普請奉...
宮坂弥五左衛門古記録 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
月廿七日、当社祭日より昼夜止事ヲ不得大雨ニ而、佐久郡小諸之脇深沢ト云大沢押出し、
八月朔日昼四ツ時ヨリ大満水とナル、水の深サ壱丈弐尺の御書上、村居家敷数六十軒流ル
、潰家廿九軒、流死百五十八人、夫食拝借金八月ヨ...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
頁) 寛保二壬戊年七月廿八日ヨリ廿九日、殊ニ廿九日黄昏ヨリ大風雨卜成り、八朔
戊の刻ヨリ川々大満水、松代御城ヲ始メ、御城下家屋流失并ニ水押入、十万石御領分村々
ヨリ届出之写、殿町通り一三拾間塀流鎌原兵...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
があり麦作がすべて泥腐りしてしまった。食糧が無くなり、内々に食糧を借りて凌いでい
た。そこへ八月一日に大満水があり、家は潰れ流れ、人馬も流れ死んだ。残った者たちは
、家の棟を切り破り、筏に立ったまま乗って逃げ、...
割田家文書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
も、死者の記録は残っていない。おそらく、事前に神社などの高台へ逃げて無事だったと
思われる。村役人は、大満水の五日後に、まだ被害状況は完全に把握できていない段階で
、飯山藩の支配代官へ被害状況を報告している。史...
割田家文書 [現代訳]
史料2 寛保二年八月 乍恐以書付奉願候事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願います事この度の大満水によって御城下の堤防が壊されたので
、藩による工事を行うことになり、人足を出すように言われました。村に...
割田家文書 [翻刻]
史料2 寛保二年八月 乍恐以書付奉願候事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乍恐以書付奉願候事3一此度大満水ニ而御城下水除土手押払候ニ付、此節御普請被為遊候
ニ付、人足之儀被仰渡奉畏、罷帰候而被仰渡之趣大小百性...