NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
河守領分14か村諏訪安房守領分4か村金丸又左衛門領分5か村太田隠岐守領分6か村高谷太
兵衛領分10か村大和守領分8か村松平摂津守領分3か村近藤宮内領分3か村高谷太兵衛領
分7か村大草太郎左衛門領分2か村尾...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
分拾四ケ村諏訪安房守領分四ケ村金丸又左衛門領分五ケ村太田隠岐守領分六ケ村(改頁)
高谷太兵衛領分拾ケ村大和守領分八ケ村松平摂津守領分三ケ村近藤宮内領分三ケ村高谷
太兵衛領分七ケ村大草太郎左衛門領分二ケ村尾...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
志大臣ももはや興ざめがして、「ああ恐ろしい。ただもう水の底に沈めて捨てよ」とのの
しって、如来を難波の江に捨てた。その後世の中では、さまざまな悪いことが多くあっ
た。翌年辛卯(かのとう)(571年)の初夏...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
そも如何にと、身の毛を立、舌を巻てぞ恐れける、大臣も今ハ與さめ、穴怖ろし、只々水
底に捨よとて、難波の江にぞ捨奉る、其後世間さま/\の希有多かりき、翌年辛夘の初
夏に、欽明天皇崩御まし/\、遠許志大臣も疾...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
県庁の西にあり。仝体操塲師範学校の西にあり。是ヨリ西長野にいたる。長野県中学校体
操塲の西にあり。○下小路大門町中程より右へ行町なり。是を行ハ○東町大門町の東の
町なり。四辻より東ハ武井町といふ。田町に至...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
名村之内祖室組分地字伝行山并沢向西山手丹波守領分左右村分地一同抜崩、右沢敷二丁程
高六間程押埋候ニ付、割方申付度処、山奥嶮岨之道路抜覆数ヶ所有之、漸一歩通ニ而罷
越候次第、殊ニ巌石押埋候儀ニ有之不行届、押...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。
追分側からいうと、蛇川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町
は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。
追分側からいうと、蛇川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町
は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と...
寛保二年大洪水余禄 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
。浅間山方面の法印坊沢というところから「蛇水」(土石流)が発生したらしく、みな驚
き騒ぎはじめた。(蛇川、別名にごり沢で発生したこの)土石流の水煙は天に達するほ
ど高く、段々屏風をたてたような形になり、沢...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。
追分側からいうと、蛇川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町
は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。
追分側からいうと、蛇川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町
は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。
追分側からいうと、蛇川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町
は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
校県庁の西にある。同体操場師範学校の西にある。これより西長野に至る。長野県中学校
体操場の西にある。下小路大門町中程より右へ行く町である。これを行くと東町大門町
の東の町である。四つ角より東は武井町という...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
】一同年2月他所へ行く魚荷物の中継庭銭定めの事【(朱書)廿二】一同年2月峯高寺前の
商い物の事合わせて端盛砂の事【(朱書)廿三】一同年2月13町年行司始めの事【(朱
書)廿四】一□…□3月市場古法に背いた...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
事【(朱書)廿一】一同年二月他所行肴荷物中継庭銭定之事【(朱書)廿二】一同年二月
峯高寺前商物之事并御端盛砂之事【(朱書)廿三】一同年二月十三町年行司始之事【(
朱書)廿四】一□…□三月市場古法ニ相背候本...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
小田原出陣
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
せ付けられ候へば、責め崩し悉(ことごと)くこれを討ち捕り、則ち付け入り致し、小田
原三町四町に取巻き、を掘り、塀柵を相付け候。これに依り城中正躰(たい)無く候て
、下野(しもつけ)国皆川山城守、命を助けら...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ずで、しばし憂さを晴らしました。さて不思議といえば、この震災の後、ご本尊をはじめ
、前立本尊や御印文を切道の〈ご本堂の北東に当たり、畑の中に御仮小屋を建てました
〉傍らに3月25日から4月16日まで安置い...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
三日曇る当日、御通用所・産物所より我々の出役があった、通用所喜多村小市殿・飯田多
助殿・青木勘太夫殿・箕之助殿・左助殿・ほかに二人同役藤森・丸山・金井・藤井・上
条・中沢、中沢は出懸なので参る(改頁)一、...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
晴十二日同十三日曇ル一当日御通用所・産物所より我等方出役有之通用所喜多村小市殿飯
田多助殿青木勘太夫殿箕之助殿左助殿外弐人同役藤森丸山金井藤井上条中沢一中沢者出
懸故参候(改頁)34一去冬蟻ケ崎村へ御救被...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、道心坊にでもさせたいと願い出ましたので、公事方に訴え政府に告げて、梅翁院に遣り
ました。)○須坂侯(長門守)御届両度私の領分信濃国高井郡のうち、一昨日24日亥の
刻(午後10時)ごろ強い地震があり、陣屋...