NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
三沢勝衛トピック(テーマ) ねらい キー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
08.12ー2009.3世界恐慌・地方の疲弊のなかで、「風土産業」の旗を高く掲げた三澤勝 衛
。[1]地理学の使命として地域・地域性の認識を提示し、その究明の 手順を詳述する。
[2]「自然と人間の営みや関わ...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
13.修学旅行
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
に関する事項(13)竹林の経営に関する事項(14)地質に関する事項(15)砂防工に関する事項
(16)地理歴史に関する事項 (改頁) に就き視察研究せしむ(1)第2学年は奈艮(
神社仏閣・...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
篠ノ井有旅)のあたりを押し破って水が出るだろうなど言う者もあります。このように様
々な説がありますが、地理に詳しい者は、岩倉のせき止め箇所がいくら高くても水筋はこ
こ以外にはなく、来月の初めには溢れるだろうな...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
に水押出んなと云もあり、或有旅山の辺を押破りて水来らん抔云者も有、(改頁)斯様/
\の雑説ありけれ共、地理能弁たる者ハ、岩倉の堰留いかに高くとも水筋此外になし、来
月の初ニハ水乗なん抔云もありけり、乗たらは滝...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [解説]
4.数千の教師を育てた浅井洌先生
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
昭和13年松本市の実家において永眠しました。県歌「信濃の国」の作詞には、広く旅して
、県下各地の歴史、地理、人物等に精通した国文学者浅井洌の「修学旅行概況」が投影し
ていることは想像に難くない。
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
叩き、大鼓の代わりに用いるといいます。最近、穂高村の医師高島氏が友達に誘われて、
この霊岳に登り、その地理を写し、1章の文を作りました。焼岳(やけだけ)は常に所ど
ころ煙が立ち上って、冬の時期にも雪がまりませ...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
を剥て、枝をもて是を叩き、大鼓の代に用といふ、近き頃穂高村の医師高島氏友達に誘引
て、彼霊岳に登り、其地理を写し、且一章の文を作れり、(略)62中央○焼岳ハ常に所々
烟立て、寒天も雪を不置、麓に温泉涌出す、熱...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [解説]
1、「信府統記」の編さん
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、領地内の地誌・政譜を集成したもののないのを残念とし、藩政の参考に資するため、領
内および信濃国一円の地理・歴史に関する諸件を集録しようとし、同7年9月、鈴木重武・
三井弘篤に命じて、その草案をつくらせました...
■浅間山 [解説]
第二編 浅間山
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
はじめに、浅間山は富士山と並び称される名山であり「地理学者は之を活火山最良の好標
本なりと称し、詩人騒客は『煙ばかりは埋れぬ』絶景に賛美の声を捧ぐ」と述べて...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
真田氏上田領・沼田領の石高
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
と国持ち大名級である。支配の拠点が上田盆地の上田城と沼田盆地の沼田城というように
二つに分かれるのは、地理的にみても自然であった。元和年間上田城図<史料解説>「元
和年間上田城図」上田市立博物館蔵真田信之(信...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
良さを再認識したことでしょう。一方で、他地域の「繁昌記」や「案内」に接することに
より、その地の歴史や地理、自然、文化などをくわしく知ることができ、鉄道などを利用
して、訪ねたいと思ったことでしょう。では、『...
別所温泉誌 [解説]
《総説》
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
温泉と別所村の地理と歴史の概要が記されています。
■信濃国諳射図記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
これは、子どもたちの「教科書」である、という意識からでしょうか。今なら、小学校社
会科学習で、長野県の地理を学ぶために作られた冊子の一つ、ということになるでしょう
。「文字だけで著された地図帳」と言い換えてる...
■信濃国村名尽 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
です。明治五年(1872)政府は、それまでの名主・庄屋・年寄など、江戸時代からの身分
的職制を廃止し、地理的区画を管轄する役職としての戸長・副戸長を設けそれぞれの地域
を大区・小区に分け、大区には区長一人、小...
■幕末の先覚者赤松小三郎と実母宛書簡 [解説]
江戸・長崎遊学
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
8歳のとき青雲の志を立て、森田斐雄等と江戸に上り、幕臣内田彌太郎の門に入り、算数
・測量・天文・暦学・地理・蘭学等を学んだ。22歳嘉永5年には更に下曽根金三郎に従っ
て蘭学・砲術等の教えを受けた。この江戸修学...
■木曾山林学校要覧 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
らに大きく飛躍発展させるべく、この『要覧』によって学校の具体的なあり方を示した。
その中で木曽が歴史・地理的に林学・林業を学ぶに適した地であること。目下日本では林
業技術者が必要であることを踏まえ、その教育方...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
8.長野県立甲種木曾山林学校学則
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
検定ヲ行フモノトス但シ入学志願者ノ学力検定ハ修業年限2ヶ年ノ高等小学校卒業ノ程度
ニ於テ、国語、算術、地理、日本歴史、理科ニ就キ之ヲ行フ第 17条入学志願者ハ左ノ書
式ニヨリ入学願書・履歴書及身体検査書ヲ差出...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
17.入学者資格及試験
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
きは応募者全体に就て学力の試験検定を行ふ。入学志望者の学力検定は高等小学校卒業程
度に於て国語、算術、地理、日本歴史、理科に就て試験をなす。 (改頁)47 又
願書差出期限たる3月25日に...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
木材の欠乏を憂ふ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
間青森に滞在し、焼き出され後の民家を借入れ分室に出勤し例規規程類の研究に没頭せり
。吾々は青森の言葉・地理に通せざりし為に常に異様の感に打たれ、又はとんだ考へ違ひ
をなし滑稽(こっけい)を演じたるあり。即ち出...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
リ。是上(改頁)6旨下達(じょうしかたつ)誤解ノ弊ナク。サスレハ民治興起ノ第二ナリ
。天文ノ度数ヲ知。地理ノ経緯ヲ量(はか)り。物理ヲ究メ。物数ヲ算スル。算術裨益(注9
)ノ学ナリ。凡人算勘(さんかん)(注1...