NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
う「おごる平家は久しからず」ということを子孫に語り伝えたいと思います。天明の頃初
めて当地に雪駄2足を商人が持って来たのを、買おうかどうしようかとさまざまに議論し
たそうです。わずか6、70年余り後の今では、...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
。爰に今此小冊を残して、諺に、驕る平家久からさる事を子孫に語る。伝聞、天明のころ
始て当処へ雪駄二足を商人の (改頁)14 持来る事を、是を求め得て試見ん事を
評議まち/\なりとかや。纔(...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
されたもので、最初に岩村田藩役所からの申し渡しが記され、その後に申し渡しを承知し
たと記され、岩村田宿商人が連判している。つまりこの史料は、藩の申し渡しを承知した
とする請書になる。では、藩から何を申し渡され...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
山近辺の村々が難儀をしているので、とくに申し渡す。米穀はいうまでもないが、そのほ
かの商品も買い占め、商人仲間で相談して、値段をつり上げて売るようなことは、ぜった
いにしてはならない。正直に商売をするべきであ...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
されたもので、最初に岩村田藩役所からの申し渡しが記され、その後に申し渡しを承知し
たと記され、岩村田宿商人が連判している。つまりこの史料は、藩の申し渡しを承知した
とする請書になる。では、藩から何を申し渡され...
天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
されたもので、最初に岩村田藩役所からの申し渡しが記され、その後に申し渡しを承知し
たと記され、岩村田宿商人が連判している。つまりこの史料は、藩の申し渡しを承知した
とする請書になる。では、藩から何を申し渡され...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。◯藩内で出火がなかったのは、ひとえに殿の徳によるものです。鍛冶町の渋谷権左衛
門(谷屋という)方は商人が多く泊まるところなので、その夜もおおぜい泊まっていたそ
うです。遅く来て泊まるものがあるので、下女が...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
むるもありと聞り、○藩内に出火なきハ、ひとへに御徳によれり、鍛冶町渋屋権左衛門[
谷屋といふ、]方にて商人宿多くなせる故、其夜も多分宿れりと云、遅く泊れる者ありて
、下女七りんに十分火をおこし立ける時家潰れぬ...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
之村々及難儀候時節ニ候条、別而申渡候者、米穀者不及申ニ、諸売物買置 (改頁)
商人仲ケ間申合、〆売等之儀者決而不相成、其外有来之諸売物随分正路ニ商ひ候
様可致候、右之儀常々可相心得儀ニ...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
申(嘉永元年)3月、折から眼病に苦しむことすでに半月、眼鏡の力を借りて書いた人は
、例の地震を体験した商人で、豊田酒店の主人とは言っても、馴れない仕事ということで
番頭任せの、したみの喜源です。水内橋の事千曲...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
春折節眼病に脳むこと既に半月、眼鏡 (改頁)5 の他力を借りて記すものハ
彼の地震商人豊田酒店の主といへともなれぬ業とて番頭《したみ》の喜源書 (改頁
) 水内の曲橋の...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
4、御用留の書かれた年
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、品質向上のため、繭や糸取引への産物会所による統制を強化したり、刻み煙草の出荷仕
法を再規定して、煙草商人仲間の統制をはかっています。弘化5年(1848)2月28日まで、
同日から嘉永元年)には、庄内組の小島...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
のように向こうが見えないほどで、たいへんなことでございました。なにぶん町家でも商
売もしていないため、商人はひとりも参らず、どうしようもない状態です。ただ子供に裏
に生えているよめな・みつば・せりの類を摘ませ...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
昨日ハ南風ニ而砂をふきあけ、春霞の如く向フみへ不申程故、大難義ニ御座候、何分町家
ニ而も商売無之、夫故商人ハ壱人も参り不申、致方無御座事ニ候、只々子供ニ浦のよめな
・みつは・せりのたくひつませ、したしものニい...