NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [解説]
名所図会としての『二十四輩順拝図会』
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
江戸時代には名所図会と呼ばれる絵入りの地誌が、多数出版されています。『二十四輩順
拝図会』もその一つと位置付けることが...
善光寺四十九霊地トピック(テーマ)善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
たことを知る。キーワード 概要を知るための ツール 資料リスト雑誌長野市 善光寺 
四十九霊地 四十九名所 七名所 七社 七寺 七院 七池 七清水 七橋 七小路 七
塚 湯福神社 武井神社 妻科神社1 書名著...
■善光寺道名所図会 [解説]
はじめに
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
善光寺道名所図会巻一善光寺道名所図会巻二善光寺道名所図会巻三善光寺道名所図会巻四
善光寺道名所図会巻五[目録]善光...
善光寺参詣と善光寺道についてトピック(テ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
善光寺参詣の善光寺道が通じていた。善光寺道 について知る。キーワード概要を知るた
めの ツール善光寺道名所図会 諸国道中商人鑑 木曽路名所図会 木曽街道六十 九次 
道中続膝栗毛 方言修業金草鞋 滑稽旅賀羅寿...
昔の旅人トピック(テーマ) ねらい昔の旅
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
開通を考えるキーワード 概要を知るための ツール資料リスト中山道 善光寺道 江戸時
代の旅人 善光寺道名所図会、木曽路名所 図会、木曽街道六十九次、道中続膝栗毛、方
言修業金草鞋 犀川通船 信越線 篠ノ井線の...
■善光寺道名所図会 [解説]
名所図会」の刊行
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
名所図会」は、寺社・旧跡・地名・勝景地の来歴や、街道・宿駅のようすを描き、名所
旧跡の挿絵を数多くおさめた...
■善光寺道名所図会 [解説]
『善光寺道名所図会』の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
5巻5冊からなる『善光寺道名所図会』は、中山道洗馬宿から善光寺道を各宿駅を経て善光
寺に至ります。さらに善光寺から北国街道を江戸に向...
■諸国道中商人鑑 [解説]
2 『中山道道中商人鑑』の成立
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
屋などを紹介し、遠国の商売などに便利であろうと記してある。「旨趣」では商家や名物
だけでなく、神社仏閣名所古跡や脇道まで載せてあると記している。さらには、続けて後
編も著し、掲載の希望があれば増補追刻もするこ...
信州の「道」 トピック(テーマ) ねらい
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
の峠、戸隠信仰の 道、善光寺街道、中山道、東山道、修学旅行、千曲川通船、信越線、
高 速道路 善光寺道名所図会、木曽路名所図会、木曽街道六十九次、道 中続膝栗毛、方
言修業金草鞋等概要を知るための ツール1 ...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
長野街1善光寺独案内近傍名所(改頁)2長野細見近傍名所善光寺独案内(改頁)日本大乗
界本師如来前一歩清浄地(改頁)3皆徃安楽国歳在...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、水引候へ共、窪地之処ニハ引兼申候、同村渡舟場、定水よりハ四尺余減水仕候と水主申
聞候、大俣村右村東境名所下津会と申場所、巾百間程山抜崩、飯山御領替佐村地内へ押懸
り候へ共、押払、此節ハ少々水湛候のみニ御座候...
■善光寺独案内 [解説]
明治時代の長野の観光案内書
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ての出版だったことは、題名に表れています。この本は善光寺とその周辺をガイドするば
かりでなく、「附信濃名所案内」と副題にある通り、信濃全域の名所案内にもなっていま
す。活版が印刷の主流になる中で、この『長野土...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [解説]
著者、絵師等
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
了貞は、河内の国専教寺(大阪府守口市)の僧でした。絵師は大坂の浮世絵師、竹原春泉
斎清秀です。春泉斎は名所図会の絵を多く手掛けた春朝斎の子で、他に『東海道名所図会
』の絵や、読本の絵なども描いています。信濃の...
■戸隠善光寺往来 [解説]
『戸隠善光寺往来』の内容
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
道、追分から善光寺までは北国街道です。その間を主に宿場をたどりながら簡潔に述べて
います。また、道中の名所や分かれ道についても触れています。戸田の渡しにあった羽黒
権現社は、『江戸名所図会』にも描かれた名所で...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之四
○埴科郡坂木
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ともいう。したがって、会地早雄神社と称し、4座の神がこの殿にいる。この会地の関は
昔から言い伝えられた名所で、いろいろな書に紹介されていますが、いつのころからか、
なおざりにされるようになりました。そこで、今...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
わる雨乞いの神事として、現在も毎年おこなわれています。(注11)現上田市長瀬、旧小
県郡丸子町長瀬。『名所図会』が書かれたころは、蚕種紙の一大製造地となりつつあり、
明治期に入ると日本一の製造量を誇りました。...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之四
○埴科郡坂木
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ふにより、出速男神とも申奉る、故に会地早雄神社と称して、四座の神同殿に座す、此会
地の関ハことふりたる名所なるよし、諸抄物に明らかなれど、いつの代よりか等閑に成行
しを、こたび四方の人々に此名所を知らしめんと...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
にどんどん行って、浅間山の麓、沓掛、軽井沢、碓氷峠などは信州と上野(こうずけ)の
国境である。その間の名所は別に記す。越後より北陸道を経て関東に出るには、善光寺よ
り犀川を渡り、丹波島、さらに千曲川を越え、屋...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
を越て、芦田、望月、塩名田、尚行/\て浅間岳の麓、沓掛、軽井沢、笛吹峠など、信州
上野の国界也。其間の名所ハ別に記す。〇越後より北陸道を経て関東に至るハ、善光寺よ
り犀川を渡り、丹波嶋、又千隈川を越へ、屋代、...
■善光寺道名所図会 [解説]
著者
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
を得て、嘉永2年9月に美濃屋伊七によって上梓されました。名古屋で書店を開いていた美
濃屋伊六は、『尾張名所図会』発行書店の一つです。著者は豊田利忠です。108点の挿絵
の大半も彼が描いています。利忠は、別名を...