NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
るもので、6月下旬に出版されました。以後何種類も同様の図が出版されましたが、その
中で最も詳細なのが、原昌言(はらまさこと)が出版した「弘化丁未信濃国大地震之図」
です。これは「弘化丁未春三月廿四日信州大地震山...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
四日信州大地震山頽川塞湛水之図」の解説と共通ですので、そちらをを参照してください
。善光寺地震の被災図原昌言による出版観光案内図として図中の文上段の文章弘化4年(1
847)3月24日の善光寺地震の発生から、4...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
女の流死者が山のようにあった」(注)平安時代後期の歴史書『扶桑略記』に見える仁和
地震の記事です。私(原昌言)は次のように考えます。これは弘化4年(1847)から961年
前のことです。仁和3年の大地震では信濃...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
わふね)と名づけ戸隱山にて拾ひたる物なりと。供奉員等取りて吹きけるに笛の音を発せ
ず。其持主なる塩尻村原昌言(注七)なる者は巧に之れを吹く由、畏(おそれおお)くも
叡聞(えいぶん)に達しければ、下戸倉の行在所に...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
崩壊し、水があふれ激しく流れ出したもので、その音は遠く松代・須坂・中野まで聞こえ
ました][この時、私原昌言は松代の妻女山にいてその水音を聞きましたが、それはしばら
く続き、耳を突くように感じました。しばらくし...