NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
日雨ふり出し急満水、同日暮方押切分水土橋へ支候、夜半時松川満水、松村小布施町之上
ミへ押かけ、中条六川北岡へ押かけ、福原新田大島飯田別府小島一面ニ押かけ申候、其節
之水ニ而当村高札場より下村迄道弐三尺より六七...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
詳細を伺い知ることができる。幕府へ直訴した二十三か村は、現在の小布施町の山王島、
飯田、小布施、押切、北岡、羽場、清水、矢島、六川、福原新田、松村新田、中条の十二
か村と、中野市の草間、安源寺、安源寺新田、片...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
と押切との村境の柳の木にひっかかった。しかし、この大洪水では助けようが無い。流さ
れてきた者たちは、「北岡に伝右衛門・徳右衛門はいるか」などと夜通し大声で助けを求
めていた。三日の夜明けを待って、大島から舟を...