NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
もの)数百名の爲に割り当てられたるは殆んど全駅也。聖上には御板輿(いたごし)に召
され、供奉員は騎馬人車或は徒歩にて従ひ奉れり。行在所(あんざいしょ)は旧本陣た
る佐藤織衛の邸内にして「行在所」と厳(いか...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、当地まて見送られたるも多けれと、此に略す。又此寺に宿するを得たるは、専ら竜丘学
校長齊藤操君の周旋尽にして、其好意は吾等の深く鳴謝(めいしゃ)する所なり。尚其
他の諸君に向ても、謝辞を呈すへき事少なから...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
に思われ、方策として西方極楽浄土の阿弥陀如来を出現させて、その誓願を説いた。阿弥
陀如来はその不思議なを示し、長者の最愛の娘をはじめ、500人の親族から国中の人々
に至るまでの難病を治されたので、月蓋長者...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の山々がそびえているのが見える。戸隠山は越後と隣り合っていて、黒姫山と並んでいる
。まつっている神は手雄命(たぢからおのみこと)である。天照大神が天の岩屋に籠ら
れた時、暗黒の世界となってしまったので、神...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
国界の川あり。右の方に黒姫飯綱戸隠山の嶺聳へて見ゆ。〇戸隠山ハ越後に隣り黒姫山に
並べり。祭る御神ハ手雄命なり。日の神天石屈に籠らせ給ふ時、常夜の国と成りしかバ
、もろ/\の神達磐戸の前に集り神楽を奏し、...
■戸隠善光寺往来 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
方の戸隠山への道を杖をついてようやく登って、神前に参拝して、掃除の老人に尋ねたと
ころ、「戸隠明神は手男命(たぢからおのみこと)で、伊勢内宮相殿の左側にも祀られ
ている。昔、手男命は、天の岩戸を押し開か...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ていたとき、善因をもたらすには、聖人の越後国に遷謫(せんたく、罪によって遠方に移
されること)して、他易行(いぎょう、他の念仏)を弘通(ぐつう、仏法が広く世に
広まる)するということを聞き、野山を分け、...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
り、申すやう、冀くハ今の三尊の御形を摸し奉り、我室内に安置し、甚重の芳恩を報じ奉
らん、然れ共吾凡夫のに争かかなひ奉らむ、我が志願を哀愍し給へとなり、仏長者に告
給ハく、善哉/\殊勝甚し、しからバ閻浮檀金...
■諸国道中商人鑑 [解説]
2 『中山道道中商人鑑』の成立
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
時代になると地方都市での出版も盛んになる。信州では「俳書」の出版が多くみられ、文
政元年『はいかい神通』、同4年『有り無し草』、同12年『一茶発句集』などがある。
『信州筑摩郡木曽上松駅寝覚浦島太郎略縁起...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
がして獅子が霧を噴き出し、あたり一面に朝霧のようになったので、これまで呆然として
いた消防はこの気配にを得て、一同で消火にとりかかったので、結局この門戸と柱は獅
子の下まで焼けただけで、ここで消し止めた。...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
時、雷の如く音して獅子ハきりを吹出し、平一面に朝きりの如くなりけれハ、是までバう
せんたる消防方此気にを得て一同にかゝりけれハ、終に此門戸及柱獅子の下まで焼たる
まゝ、爰に消止たり。又大勧進も一棟にて消止...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] Ⅲ六大巡行の歴史的意義
2巡行と自由民権運動・民衆
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ったとされる。例えば、有賀義人と上條宏之が、民権結社に所属する豪農商層の奉迎準備
参加と巡行先発官の圧が松本における国会開設運動の退潮をもたらしたと指摘している
。民権派と政府・地方官との「形容虚飾」の攻...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
2.天竜川通船
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
衛門らは本格的な通船計画を練っていました。しかし、中馬稼ぎ村や既得権を持つ下川路
村(飯田市)等から強な反対が起ったためこの計画は一時挫折しましたが、天明3年(1
783)に幕府から裁許が出され、正木屋は...
■戸隠善光寺往来 [解説]
口絵
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
芋井郷善光寺」の図があり、下段に近景として丹波島の渡しを渡る舟が描かれています。
舟の先頭で2人の男が強く綱をたぐっています。舟は、いわば逆向きに進んでいるので
す。綱が3本あることは、『地震後世俗語之種...
■戸隠善光寺往来 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
原(改頁)直道は北国街道、左之方戸隠山之道漸投杖令登山、広前ニ奉額突、掃翁ニ相尋
候へは、戸隠明神は手雄命、(改頁)13伊勢内宮相殿之左ニ茂祭有之。昔天磐戸を押開
給ひし時、抛其磐戸、此所ニ落たりと云。九...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
たりまで、西は木曽川端まで、北は松本のあたりまで広い広野が続きます。太平の世を楽
しむ農民たちが耘耕にを尽していて、いささかも不毛の地はみえません。郷原までのあ
いだは人家がなく、休む木蔭もありません。暑...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之四
○下戸倉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
っていなかったので、髪にさしてあった笄を船頭に渡して通ったという伝承があります。
江戸時代には、坂木と石・上平とを結ぶ重要な渡し場があった地です。現在は通称「も
ぐり橋」という低い橋が架かっています。
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
しました。80代高倉院の治承年中、信濃は惟茂将軍13代の孫、越後の住人城太郎平資永信
州の半分を有し、を近国にふるっていました。北向山は祖先から代々の祈願所ですから
、心を寄せてはいましたが、おごっており...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ハ塩尻辺、西ハ木曽川端、北ハ松本のあたりまて平原曠野なりしが、太平の御代と成り、
鼓腹の農民専ら耘耕にを尽して、聊(改頁)21左も不毛の地見へず、郷原までの間人家
なく、又立憑べき木蔭もなし、旅人暑気の砌...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
らざりし頃の宅地也しが、後一寺となしけるとなり、此地蔵〓ハ石の座像にて、御丈四尺
余、その軽き事一人のに堪たり、東都中目黒明顕山祐天寺、開山祐天大僧正は、即この
地蔵の化身にて、遷化の時不測の事どもありし...