NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
今村三郎トピック(テーマ)今村三郎ね
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
今村三郎トピック(テーマ)今村三郎ねらい キーワード 概要を知るための ツール資
料リスト明治、大正、昭...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
もの)数百名の爲に割り当てられたるは殆んど全駅也。聖上には御板輿(いたごし)に召
され、供奉員は騎馬人車或は徒歩にて従ひ奉れり。行在所(あんざいしょ)は旧本陣た
る佐藤織衛の邸内にして「行在所」と厳(いか...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
けられ、大庄屋の皆と例のとおり在方の者も出席し、午後2時半に終わった。大庄屋の藤
森・栗林・丸山・等々・清水・上原・中沢・中田・小藤井・小藤森が出席した。4日、
寺院の御目見えを仰せ付けられ、鍛之助が差し...
■松本繁昌記 上・下 [解説]
内容
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
によってぬれないようになっていました。初編下、第一編下は、次のような構成になって
います。○町村会○人車ここでは、松本における人車の激増を述べ、人車をあつか
う人のことも記されています。人車へ乗るこ...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
日三日一当日御目見被仰付、同役一統并例之通在方俗者罷出、首尾八ツ時半相済、同役藤
森・栗林・丸山・等々・清水・上原・中沢・中田・小藤井・小藤森四日一当日寺院御目
見被仰付、鍛之助差出是又首尾能相済、夫より...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で、こんなふうに精神的にも混乱し胸も苦しく頭はのぼせて、今夜の命もおぼつかない、
お順は母を思いやり、を合わせて病気などしないよう乾三を育てなさい、また幸い良い
縁があって嫁いだなら、女はすべてにわたって...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の大病、此ごとく服中脳乱し心気胸痛み逆上の烈しけれハ、今宵の薄命無覚束。お順(じ
ゆん)は母に心を添、をあはせて煩はぬやうに乾三(けんざう)が成長を頼むなり。ま
た幸ひの縁もあらば、女はよろづ嗜慎む事常と...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
へけれは、こハ我足の下も抜下りたる事なるよとおそれ驚きつゝ、堂をさして登るものか
ら、人声の聞へけれはを得て、踏込足を踏しめて、漸にして堂前に至りみれは、此処ハ
抜覆る事もなくして、住僧を初寺に居合たる者...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、当地まて見送られたるも多けれと、此に略す。又此寺に宿するを得たるは、専ら竜丘学
校長齊藤操君の周旋尽にして、其好意は吾等の深く鳴謝(めいしゃ)する所なり。尚其
他の諸君に向ても、謝辞を呈すへき事少なから...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
に思われ、方策として西方極楽浄土の阿弥陀如来を出現させて、その誓願を説いた。阿弥
陀如来はその不思議なを示し、長者の最愛の娘をはじめ、500人の親族から国中の人々
に至るまでの難病を治されたので、月蓋長者...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
学術論説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
はざれば、機械の装置に就きては多くは之を略するの已(や)む能はざるに至れり。木材に
薬液を注入して耐久を増進せしむるの必要なる事は遠く古より人の考慮せる所なりしも
、之が操作を実現せしは1846年『ボウヘ...
『説諭要略』巻一 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
摩県ではそれに先立つ同年二月二十日に「学校創立告諭書」を管内に布達した。「国家ノ
富強ヲ謀ルハ人民ノ智」を磨くことにあり、「管内各処ニ学校ヲ創立シ、臣民一致勉強
ヲ尽シ、他ニ率先シテ報国ノ実ヲ顕サシメ...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
藩(鹿児島県)士族。明治二年(一八六九)伊那県に勤務し、同四年一一月筑摩県参事から権
令となる。教育にを入れ、「教育権令」といわれた。明治八年(一八七三)新潟県権令に
転出。(3)権限によって支配する範囲...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
学校と変遷した。(注6)慶応元年~昭和五年(1865~1930年)。上田市の文化・教育・
厚生事業に尽した市長。上田郷友会創立メンバーで、市長当時、上田市民大学を興す。
「人恋し世恋し桜咲くからに」の辞世...
「長野県下ノ小学教員二告ル文」 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
方 習字 ヲ教ヘ、十四歳ヨリ詩 歌 音楽 数字 ヲ教へ二十歳ヨリ高尚ノ学科ヲ研究セシメ
論弁学ヲ教ヘ智ヲ研(みが)クコトヲ勧メタリシ。叉手(さて)昔ヨリ今ニ至ルマテ教育ナ
ル者ハ只智識ヲ研クノミニシテ已(...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ハ其詳なる事をしらす。戊申晩春折節眼病に脳むこと既に半月、眼鏡 (改頁)5&nb
sp;の他を借りて記すものハ彼の地震商人豊田酒店の主といへともなれぬ業とて番頭《
したみ》の喜源書 (...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ます。これは自分の足下も抜け落ちたのだと恐れ驚きながら堂を目指して登って行くと、
人の声が聞こえたのでを得て、足を踏みしめて進み、ようやく堂の前に着いてみると、
ここは抜け覆ることもなく、住僧をはじめ寺に...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
中嶋へ押込ミ、大患相成候間、右掘取方并年々普請仕置候川除土堤へ、石俵或ハ材木等積
立、数千之人夫を以精を尽し致普請候処、堰留之場先月十三日夕一時ニ押破、小市村辺
水嵩六丈四五尺ニも及候次第ニ而、先年被成下...
西江部村篠田家文書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
候処、右之次第ニ候得ハ、当村有来之田場弐町歩程之所江も引足不申候程之儀、元来水元
無之儀ニ付、如何様情を尽し候而も用水取入出来不仕、外より引取候筋曽而無之迷惑仕
候旨申上候処、用水路浚等之儀も及丈仕床下ニ...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の山々がそびえているのが見える。戸隠山は越後と隣り合っていて、黒姫山と並んでいる
。まつっている神は手雄命(たぢからおのみこと)である。天照大神が天の岩屋に籠ら
れた時、暗黒の世界となってしまったので、神...