NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
長野街1善寺独案内近傍名所(改頁)2長野細見近傍名所善寺独案内(改頁)日本大乗
界本師如来前一歩清浄地(改頁)...
■善寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
皆様が善寺参りをなされるのに、どの駅より乗車されたとしても、到着は長野停車場で
ある。切符を渡して外に出て、正...
■善寺道名所図会 [現代訳] 善寺道名所図会 巻之三
○水内 善
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
3左○水内善寺上りは丹波島へ1里である。越後の方へ下るには、善寺から荒町(新町
)へ1里、牟礼へ2里半、柏原へ1...
■善寺案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
[目録]長野郷土史研究会小林一郎明治時代の善寺御開帳に合わせて出版された、善
とその周辺の案内書です。明治時代の善寺御開帳は、明治5年、10...
■善寺道名所図会 [翻刻] 善寺道名所図会 巻之三
○水内 善
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
3登リ丹波嶌ヘ一里なり、越後の方へ下るにハ、善寺より荒町ヘ一里、牟礼へ二里半、
柏原ヘ一里、野尻ヘ一里、越後の関川ヘ一里半、是迄の順路七里なり、野尻...
■善寺独案内 [解説]
明治時代の長野の観案内書
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
[目録]長野郷土史研究会小林一郎『善寺独案内』は、明治30年(1897)に長野市大門町
の三上真助が著述して発行した、善寺と長野の案内書...
■善寺独案内 [解説]
『善寺独案内』に収録された伝説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『善寺独案内』の特色の一つに、他の本にはない珍しい伝説をたくさん収録しているこ
とがあります。たとえば次の...
■善寺道名所図会 [解説]
『善寺道名所図会』の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
5巻5冊からなる『善寺道名所図会』は、中山道洗馬宿から善寺道を各宿駅を経て善
寺に至ります。さらに善寺から北国街道を...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
よつて了西禅門など首を刎られぬ。其時明専寺とかの五郎大夫ハ国中退去仰渡されし故、
当国に立越へ、始ハ普寺村に閑住し、のち又当所に移住し、寺跡相続すといへり〇霊宝
九字名号、十字の名号[聖人之御真筆]、六字...
■善寺道名所図会 [解説]
はじめに
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
寺道名所図会巻一善寺道名所図会巻二善寺道名所図会巻三善寺道名所図会巻四
寺道名所図会巻五[目...
■戸隠善寺往来 [解説]
十返舎一九と信濃
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
が書かれています。文化11年(1814)には、木曽から松本に入り、穂高、大町、新町、稲
荷山を通って善寺に参詣し、越後へ抜けました。これが、『木曽街道続膝栗毛』第6編
(文化12年)、第7編(文化13年)...
■戸隠善寺往来 [解説]
『戸隠善寺往来』と女性
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『戸隠善寺往来』は、長年善寺に参詣したいと願っていた母親を連れて善寺に参詣
することになった人に、かつて戸...
■善寺道名所図会 [解説]
寺道(北国脇往還)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
江戸時代には善寺へ向かう道筋は、たいてい善寺道といわれていましたが、とくに、
中山道(なかせんどう)の洗馬(せば)...
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『中山道道中商人鑑』は、松井田から追分まで『諸国道中商人商人鑑中山道善寺之部』
とまったくと同じである。ふたつの『道中商人鑑』は同じ版をもとにしている可能性が高
い。このあと...
■善寺独案内 [解説]
『善寺独案内』の広告
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『善寺独案内』には、末尾に長野市の商店の広告が大量に掲載されています。その数を
町別に整理すると、次のよう...
■戸隠善寺往来 [解説]
『戸隠善寺往来』の内容
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
江戸から善寺への道中江戸から追分(軽井沢町)までは中山道、追分から善寺までは
北国街道です。その間を主に宿場を...
■善寺道名所図会 [現代訳] 善寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
あまりの道のりです。別所から長瀬(注11)通りで海野宿へ出て、追分宿までは9里です
。一東国から来て善寺参詣し、別所北向山を参詣するためには、海野宿から長瀬通りで
別所へ3里あまりです。諏訪形の荒神を参詣...
■善寺道名所図会 [翻刻] 善寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
寺峠を越へ別所へ下り、十一里余、別所より長瀬通り海野宿へ出て、追分宿まて九里也、
(改頁)一東国より善寺参詣に別所北向山へ参らんには、海野宿より長瀬通別所へ三里
余、諏訪形荒神へ参らんにハ、大屋の下茂沢の...
■善寺独案内 [解説]
著者三上真助
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『善寺独案内』の著者三上真助は、経歴等がよく分かりません。本書の末尾によれば、
住所は「長野市大門町二丁目...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [解説]
著者、絵師等
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
』の絵や、読本の絵なども描いています。信濃の部越後から信濃に入り、戸隠山、明専寺
、平出の藤兵衛宅、善寺、堂照坊、西厳寺、長命寺、芝阿弥陀堂、本誓寺、康楽寺、正
行寺、長称寺、宮川神社を、絵を交えて紹介し...