NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の方へ焼け広がっていく様子でした。防火のための人員を差し出すようにとの仰せがあり
ましたが、町方の家の倒壊や圧死者も少なくはなく、いまだ掘り出されずにもがいている
者もいるなどと聞いて、捕吏までもみな救出のた...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ております。いろいろ算段を申し付けておりますが、城内や家中、屋敷の破損ならびに城
下町、領分の村々では倒壊した家、亡くなった人などおびただしく、田畑や道路は地割れ
し、地面は断層になり、また土砂崩れなど大災害...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
多く見られ、山崩れや洪水の跡もあります。稲積村・徳間村・吉田村を通ったところ、吉
田村では地震での家屋倒壊が夥しく、今もって片付けができずにいます。三輪村・相之木
村は、地震の被害の上に善光寺の出火で類焼しま...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
大災害でした。○また山中の新町(長野市信州新町新町)では、24日の夜の大地震で家・
蔵・物置などが多数倒壊しましたが、何事が起ったのかその事情さえ知らない人が大勢い
ました。死者やけが人も大勢あり、瞬く間に火...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
光寺地震の被災図弘化4年(1847)3月24日に起こった善光寺地震の被害は広範囲に及び、
被害も家屋の倒壊ばかりでなく、山崩れ、火災、水害などさまざまでした。その全貌を伝
えるため、被災状況を地図上に示した刷...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
-66永井善左衛門幸一は出店の梅笑堂に戻りました。これは梅笑堂付近の情景です。六地
蔵や石灯籠が激しく倒壊しています。大勧進のお練りの行列が下をくぐり抜けていた「常
念仏」のちょうちんが正面にあります。この絵...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
たものと出なくなったものがあります。中には温度が下がって、冷泉になってしまったも
のもあります]。家は倒壊し[瓦屋根の家が最も倒れ易かったということです。萱ぶき屋根
の家は一様ではありません]、たちまち火災が...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
すでに5、6日が過ぎましたが、雨風を凌ぐすべもなく、また町中(まちなか)の焼失した
様子を思い、家々の倒壊や変死者の苦痛を思い合わせればその悲しみ嘆きは一通りではあ
りません。その上昼夜幾度となく余震があり、...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
難され、大蔵省に命じて7丈(2.7メートル)の仮屋を建てさせ、御在所とした。諸官庁の
建物や都の家々が倒壊し、圧死した人々が多数ある。あるいは失神して死んだ人もある。
午後10時ころにまた3度余震があった。五...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
けた。報告の通りで間違いなく、そのほかには飢人は一人もいなかったと答えた。一53軒
流家240人一9軒倒壊した家29人一3軒被害を免れた家20人11人は書き落とし一19疋の馬の
うち14疋が流れ死んだ。村高の...