NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■幕末の先覚者赤松小三郎と実母宛書簡 [解説]
父兄との書簡、佐久間象山との交流
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
江戸や京都へ警護、出兵等しているが、兄柔太郎と小三郎との間で交わされた書簡が多く
残されている。また、佐久間象山との交流を伝える小三郎宛佐久間象山書簡も3通伝えら
れており、幕末の信州が生んだ英傑二人の交流を...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
本能寺ニ於テ被弑タマヒシユエニ諸方動乱タリ、茲ニ昌幸勇威ヲ近国ニ振ヒ何方ヘモ随身
スルコトナカリシカ、佐久郡芦田城主芦田右衛門佐[芦田本依田ナリ]信蕃ハ早ク徳川家ノ
御味方ニ参上ス、然ルニ旧友タルニ依リ此信蕃...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
[奥付]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
35明治35年10月14日印刷同年10月日発行長野県西筑摩郡福島町編集兼発行人神村律長野県
佐久郡岩村田町172番地印 刷 人中澤菊太郎長野県西筑摩郡福島町発 行 所諸式用達商
会長野県北佐久郡岩村...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
自由とか改進とか唱へて、互に鎬(しのぎ)を削ったものだ、此(こ)の頃であったか、
小諸に於(おい)て、佐久小県両郡の、懇親会があって、上田へ呼びかけて来た、私は約
束した友人が、来ないから独りで出掛けた。私よ...
『小諸義塾と木村熊二先生』 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ざるをえなくなる(その後華子とは離婚)。そのようなことがあったからであろうが木村
は、明治25年長野県佐久地方へ伝道のため移住し、そこで小諸の青年から要請され、翌年
に小諸義塾を開塾する。義塾では修身を受け持...