NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
武田氏・織田氏の滅亡と真田昌幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
領は信長の重臣に分け与えられた。北信濃四郡(高井・水内・更級・埴科)は森長可(な
がよし)に、東信濃の佐久・小県の二郡は上州と併せて滝川一益(かずます)が領すると
いった具合であった。このとき昌幸は滝川の前橋...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
徳川方への攻勢
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
月にかけて盛んに敵地についての宛行(あてがい)状を発給している。それも神尾宛ての
もの(写真)のように佐久郡の地を給するとしているものが多い。佐久は徳川方の依田(
芦田・松平)氏領であったが、「佐久郡本意に至...
■浅間山 [解説]
第三編 浅間山変異記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
。そこには吾妻郡と群馬郡の村々三十六ケ村の名が挙げられています。《下》には、噴火
直後の八月に登山した佐久郡平根村の同志十人組の一隊が話した浅間山の様子が載せられ
ています。(『信濃国浅間変之記』)これには「...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
伏見城普請
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
治(石田治部少輔)三成(花押)徳善(前田徳善院)玄以(花押)真田伊豆守殿御宿所真
田昌幸・信幸・幸村宛佐久間甚四郎等連署状<史料解説>真田昌幸・信幸・幸村宛佐久
甚四郎等連署状真田宝物館蔵文禄三年(一五九四...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田一族と家臣団-その系譜をさぐる
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
5菅沼九兵衛…136出自は奥会津の横田氏…137二家に分れた竹ノ内氏…138御幣拝領の前島
氏…139佐久の豪族依田氏…140小川治郎左衛門…140城主だった大谷津氏…141保科党の分
れ保科氏…141松代藩...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
凡例
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
小県郡は長野県管内の一郡で千曲(ちくま)川の中部流域に沿ひ、所謂(いわゆる)信濃
六地7方としては小県佐久平の称を以て一括(いっかつ)せられてゐる。然(しか)し其
平たるや佐久平と自ら一区を劃(かく)して存在...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
家康の命令による上田築城の開始
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
した。そのため閏一月に昌幸はこれらと戦闘を交えている(4)。これに対する措置とし
て家康は、三月には「佐久小県の逆心」の徒の討伐のためとして、昌幸に近く出馬する旨
を伝えるとともに、南信濃伊那郡の諸士へ出陣を...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
真田昌幸、徳川と断交へ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
「秀吉と真田」の目次はこちら家康は、真田の要請に応じた形で佐久小県の残徒討伐を名
目に出陣し、最低限の構にせよ上田城も造ってやり、恩を売った形の天正十一年の五月の
時...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田三代録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
66年6月目次はしがき真田氏の出自………11海野、村上の対抗………21海野氏の没落……
…25上州軍の佐久侵入………29幸隆の武田家出仕………32武田軍の佐久侵入………37上田
原の激戦………46上田原戦後の...
■松代イラストマップ
27久龍山蓮乗寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
   27   久龍山蓮乗寺蓮乗寺蓮乗寺佐久間蓮乗寺和田英
写真をクリックすると、フルサイズの画像が表示されます。久龍山蓮乗寺(きゅうりゅう
ざんれ...
■上田案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
上田藩の鋳物師であり「鍋大」の愛称で親しまれていた。信濃国分寺八日堂の縁日には、
上田小県はもちろん、佐久や上州からも鍋釜を求めて「鍋大」に立ち寄っている。明治七
年、松代の製糸場「六工社」の創業にあたっては...
■浅間山 [解説]
第五編 浅間山の地質及び岩石
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
浅間山の北東には榛名山・赤城山、東南には妙義山・荒船山及び秩父の山々、南には八ヶ
岳・蓼科山が連なり、佐久平を千曲川が流れていることなどが書かれています。裾野には
碓氷山・平尾山など、西は湯の丸岳・烏帽子岳な...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
中にあやめ咲くとはしほらしや。(裾野の美觀を謠)○胸に千本のかや(注4)たてば峯
に煙の絶えはない。○佐久の平によし(注5)なら二本思ひ切るよし切らぬよし。○小諸
(こもろ)出ぬけて唐松こそば(注6)松の露や...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
上杉方による上田城増築普請
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
際の戦闘に参加した模様はうかがえない。いずれにせよ、徳川軍はこれで真田討伐をあき
らめたわけではなく、佐久郡にあって再攻の機会をうかがっていた。九月には井伊直政・
大須賀康高・鳥居元忠・平岩親吉が連署して、軍...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
昌幸の秀吉への接近
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
るとの秀吉の意向が、使者に申し渡されていたのである。上田城攻めに動員された徳川勢
の大半が、信濃小県・佐久から撤退したのは、十月初め頃のことだったとみられる。この
理由については、徳川方の史書類によると次のよ...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
家康重臣石川数正の秀吉への寝返り
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
上げてしまった。これについて昌幸は、上杉景勝の重臣直江兼続に宛てた十一月十七日付
けの書状で、「甲州・佐久郡・諏訪郡主に指し置き候平岩七之助(親吉)・芝田七九(康
忠)、大久保七郎右衛門尉(忠世)、何れをも遠...
■松代イラストマップ
4文武学校
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
イズの画像が表示されます。文武学校の西向かい、「文武学校の黒門」で親しまれる松代
藩の藩校。八代幸貫が佐久間象山らの意見を入れ、藩士子弟の文武奨励を目的に、水戸の
弘道館にならって創設された。九代幸教が意思を...
■松代イラストマップ
8象山神社 象山記念館
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
フルサイズの画像が表示されます。象山神社昭和十三年(一九三八)年創建。松代が生ん
だ幕末・維新の先覚者佐久間象山を祀る。町のほぼ中央西側に位置し、神社入口に、生誕
二百年記念で建立された象山騎馬像。境内には、...
■松代イラストマップ
9山寺常山邸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
江戸に出てから兵学、経学を学ぶ。松代藩では特に学問に秀でた藩士として、鎌原桐山(
かんばらとうざん)・佐久間象山と並び「松代三山」、と呼ばれている。国登録有形文化
財。国登録記念物(泉水、泉水路)。〒381-...
■松代イラストマップ
17松代藩鐘楼(まつしろはんしょうろう)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
とき=約二時間)ごとに鐘をつき、時刻を知らせた。ここはまた「日本電信発祥の地」。
嘉永二年(一八四九)佐久間象山が、この鐘楼から御使者屋二階まで約六十メートルの電
線を張り、日本最初の電信実験を成功させている...