NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
む)全く霽(は)れ東は関八州の風光一眸(いちぼう)の中に集り、西南は軽井沢離山(
はなれやま)を隔てて佐久の山々を望み得べく、其様実に箱庭(はこにわ)に対するが如
し。碓氷(うすい)の秋は甚だ早きが故に此辺已...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
険しく、往来する人は稀です。たまたま出会った杣人に道を尋ねることができ、布引山に
着きました。ここは、佐久郡滋野庄御牧の郷です。小諸から1里10丁ですが、山深い所で
す。布引から小諸に帰って北国脇往還を行きま...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
を渡り、大久保村・氷村を過るに、坂路嶮しく、往来の人稀なり、たま/\樵父に道を尋
て漸く布引山に到る、佐久郡滋野庄御牧郷也、小諸より一里十丁なれ共深山なり、(略)
32右是より小諸に帰りて順道に趣く、先城下の...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
知れ渡っている小県郡の不信心の老婆という話は、小形と小県が似ているため誤って伝わ
ったものか。布引山は佐久郡である。小県郡に布に縁のある観音はないという。新田町石
堂町の次、坂の北からをいう。南八幡川新田町を...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
なり。因ニ曰、人口に膾炙す小県郡の邪見の老婆といふハ、小形小県相似たるよりあやま
れるものか。布引山ハ佐久郡なり。小県郡に布に縁ある観音見へずとかや。(改頁)8◎
新田町石堂町次坂の北ヨりいふ。南八幡川新田町...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
次、二木の峯と云ふ所は、往昔武田氏の烽火台(のろしだい)を設けし跡、今猶存せり。
是れ埴科、小県より、佐久の海口を経て、甲斐に連続せしものにて、今も所々に、其遺跡
を残存すと云ふ。あた守る飛火の煙跡絶えて名に...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
(注16)と樋口次郎兼光を軍奉行とし、10万の軍勢を遣わしました。信濃国筑摩郡まで平
定、さらに小県・佐久を平定しようとし、村々から案内人を呼び寄せました。そこで、北
面観音領が広大であることがわかり、これを...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○小県郡田中
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
路名所図会に出ています。そこを見てください。加沢・朴屋・芝生田・深沢(この村に橋
があり、そこから先は佐久郡(注2)になります)と進みます。左の田の中に獅子岩があ
り、右に兜石があります。花川の沢から松の大木...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
将として、手塚太郎光盛・樋口次郎兼光を軍奉行と定、十万の軍勢を差越さる、追々に筑
摩郡迄取たり、小県・佐久を平定せんと村々より案内者を呼寄、尋問ひ、北(改頁)面観
音領広大なれバ、滅し申べし、併東国無雙の大伽...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○小県郡田中
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
巧手の事ハ、木曽路名所図会に出たり、往て見るべし、加沢・朴屋・芝生田・深沢[此村
に橋あり、是より先を佐久郡といふ、]左の田の中に獅子岩あり、右に兜石有、花川の沢
より大木の松迄の小坂を富士見坂といふ、晴天に...