NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] Ⅰ六大巡行の概要
2明治六大巡行の概要(『明治六大巡行-地方の布達と人々の対応-』より)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、京都、岐阜、愛知、静岡、神奈川随行官員右大臣岩倉具視、参議大隈重信・井上馨、宮
内卿徳大寺実則、侍補佐々木高行、陸軍少輔大山巌、内務書記官品川弥二郎等300名余に
警部・巡査約400名(4)明治13年の巡行日程6...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
慰めたり。(妙義山の一峰を白雲山と云ふ)ふみ分けて入らん由なき身なれとも山の名ゆ
かし峯の白雲一等侍補佐々木高行唐人の筆をたくみと思ひしは此山水を知らぬなりけり二
等侍補高崎正風渉水穿林路欲迷千尋絶壁與雲齊糢糊金洞...