NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
年寄・問屋・庄屋は、いろいろなことを相談し、内々に済ませるように心得ていること一
伝馬町・桜町は昔から伝馬役を勤める宿場であり、13町とは違うので、町内何事によらず
、町年寄たちへ相談をしないと聞いている。城下...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
得ハ、万事存可罷在事一町年寄問屋庄屋諸事申談、万端内々ニ而相済候様可相心得事一伝
馬町・桜町ハ古来より伝馬役相勤候宿場ニ而、十三町とハ格別ニ付、町内何事ニよら須町
年寄共江不及相談之段相聞候、併御城下町中之年寄...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え一、望月宿は去年戌八月の大満水によっ
伝馬役屋敷二十軒ならびに裏家・土蔵・木小屋などまで流失しました。このたび見分し
ていただいたとおりです。その...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐以書付奉願上候口上之覚一望月宿去ル戌之八月大満水ニ而、当宿御伝馬役屋敷弐拾
軒並裏家・土蔵・木小屋等迄流失仕、此度御見分被成下置候通ニ御座候、其上田地夥敷流
失仕、御伝馬...
■宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
」という名前で登場しています。飯田町18町のうち5町は、13町のように地子米という税
は収めておらず、伝馬役を勤めていていました。多少の商売はしていましたが、街道を通
過する人々の宿泊や荷物の継送りを主たる仕事...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え一、当八月一日の洪水により鹿曲川が満水
になり、望月宿北側の伝馬役屋敷二十軒、そのほか裏家・土蔵・木小屋・物置・厩などが
残らず流失しました。また、流されないで残った家...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
。地子米は免除され、新町で繁昌しないので、鍋釜売買や袋茶の市が認められました。月
の10日迄は伝馬町が伝馬役を勤め、11日より晦日迄は桜町が伝馬役を勤めることになって
います。奉行・代官・役人中の村への御用の通...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
していた。寛保二年一一月の「堤防工事嘆願口上書」からは、八月一日に鹿曲川が洪水を
起こし、望月宿北側の伝馬役屋敷二〇軒、そのほか裏家・土蔵・木部屋・物置・厩などが
残らず流されたことがわかる。他方、寛保三年三月...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐以書付奉願上候口上之覚一当八月朔日洪水ニ付、鹿曲川満水望月宿北側ニ而御伝馬
屋敷弐拾軒、其外裏家並土蔵・木小屋・物置・厩等不残流失仕、相残り候家当時軒下川
筋と罷成、住居不罷成躰...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
していた。寛保二年一一月の「堤防工事嘆願口上書」からは、八月一日に鹿曲川が洪水を
起こし、望月宿北側の伝馬役屋敷二〇軒、そのほか裏家・土蔵・木部屋・物置・厩などが
残らず流されたことがわかる。他方、寛保三年三月...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
していた。寛保二年一一月の「堤防工事嘆願口上書」からは、八月一日に鹿曲川が洪水を
起こし、望月宿北側の伝馬役屋敷二〇軒、そのほか裏家・土蔵・木部屋・物置・厩などが
残らず流されたことがわかる。他方、寛保三年三月...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐以書付奉願上候御事一望月宿去戌八月大満水ニ而、此度御見分被成下置候通大破仕
、駅宿御伝馬役相勤兼候躰ニ而、千万困窮至極仕候、依之川除ケ御普請奉願上候得共、川
筋悪敷御座候故、御普請被成下置候而...
寛保三年三月復旧方懇願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
していた。寛保二年一一月の「堤防工事嘆願口上書」からは、八月一日に鹿曲川が洪水を
起こし、望月宿北側の伝馬役屋敷二〇軒、そのほか裏家・土蔵・木部屋・物置・厩などが
残らず流されたことがわかる。他方、寛保三年三月...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
引き上げて安置したということです。(注)野麦街道の島々宿は、大野川の金山で採掘さ
れた銀・鉛鉱の継立て伝馬役をしたり、橋場番所、または梓川渓谷から出される藩用薪炭
、材木の検査に行く役人の送迎伝馬、善光寺参りの...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
繁昌不致候ニ付、鍋釜売買并袋茶の市一円ニ被下置候事、月初十日迄伝馬町之役、十一日
より晦日迄桜町ニ而御伝馬役相勤申候、御奉行御代官御役人中の村方御用御差紙御触書等
相送脇坂様御代ハ町御奉行より御書付出候而取次申...