NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
伏見城普請
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
次を関白に就任させ、関白の政庁としての聚楽第も秀次に明け渡した。こうして太閤とな
った秀吉が、京都郊外伏見に築いた城が伏見城である。最初は秀吉の隠居城として着工さ
れたが、文禄三年(一五九四)からは本格的な城...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
真田氏の動静
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
知る史料としては、まず慶長四年閏三月二十五日の信幸宛て徳川秀忠返書が上げられる。
これによると、家康が伏見の自邸から伏見城へ移ったことを信幸が江戸の秀忠に報じてい
た。これより、まず信幸も伏見にいたことが分か...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
康の留守居を追い出し、替って毛利輝元がそこへ入ったこと、また、やはり家康の留守居
鳥居元忠が守っていた伏見城を攻め立てており落城は間違いないこと、九州・西国・北国
は皆味方についている、(京・大坂にいる)日本...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
二小隊四列をなして前後左右より御輦に従ひ奉り、両皇后の御輦(柳原典侍陪乗)続いて
後に輾り、有栖川宮、伏見宮、東伏見宮北白川宮、閑院宮を始め奉り、三條太政大臣、岩
倉右大臣、大隈、大木、寺島、山県、西郷井上の...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] Ⅰ六大巡行の概要
1明治5年前の巡行
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
明治天皇の最初の地方巡行は戊辰戦争の鳥羽伏見の戦い直後の慶応4年(1868)3月の大坂
行幸でした。肥前はじめ西南15藩の軍艦・蒸気船を大坂に配置...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
家康の関東移封と真田昌幸・信幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
することになる。しかし、信幸についても、これ以後は父昌幸と同様、秀吉の直臣扱いと
したことは、その後の伏見城普請への動員などにあたって、家康を介することなく信幸宛
てに豊臣政権から直接の指示が出ていることから...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
上田城の大改修
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
上田城跡より出土している金箔瓦や菊花文様の軒丸瓦などの桃山期に特有な瓦が上げられ
る。また、これには、伏見城普請への参加の経験や、やはり秀吉の城であった大坂城、聚
楽第などでの見聞も当然あずかっていたこととみ...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
秀吉の死と家康の上杉征伐
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
「秀吉と真田」の目次はこちら秀吉は慶長三年(一五九八)八月十八日、伏見城で没した
。秀吉の遺言は五大老が遺児秀頼の成人するまで補佐するというものだった。しかし、五
大老筆頭の...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
真田氏上田領・沼田領の石高
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
昌幸領は、豊臣氏よりの言わば拝領高がかなり低い数字になっていた。そのため軍役量、
具体的には朝鮮の役、伏見城普請等への動員の負担が軽くてすんだとも言える。これは信
幸(信之)が相続したときに、加増という形で実...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田氏三代
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
宣戦布告秀吉の小田原攻撃小田原陣と真田氏沼田領安堵と統治7秀吉のもとで………176昌
幸の名護屋城在陣伏見城の普請頻発する災害秀吉逝く第三章豊臣と徳川の間で………1831
関ヶ原合戦………183鳴動する浅間山...
■幕末の先覚者赤松小三郎と実母宛書簡 [解説]
薩幕一和の提唱と遭難
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
秋らによって張り出された。遭難の様子を『赤松小三郎先生』は次のように述べている。
「9月3日所用のため伏見に赴き、帰途七つ時(午前4時)東洞院魚棚(ひがしのとういんうお
だな)下ル町を過ぐ、兇徒3人路傍の第八...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎第1回木曾山林学校生徒修学旅行記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
を始めたのは明治9年(1876)と10年で、同13年には皇居御造営の御用材を姫宮で伐木した
。其の時に伏見宮貞愛親王(ふしみのみやさだなるしんのう)殿下が時の山林局長心得品川
弥二郎氏(注21)を随へて此の地...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
3年)では宮内省御料局長心得であるが後局長。明治15年に大日本山林会が創立されると初
代会頭(総裁)に伏見宮貞愛親王、初代幹事長に品川弥二郎 が就任した。第一次松方内閣
の内務大臣。1900年没。(注22)選...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
息(子)一当卯九歳新井万次郎爪印辰正月二十一日大横町久米屋金兵衛殿息子一当辰九歳
伊藤銀太郎爪印同箕瀬伏見屋伊兵衛殿息子一当辰八歳赤羽金太郎爪印(改頁)同同断尺長屋
弥兵衛殿息子一当辰九歳多田斎吉爪印同同断大...
赤松小三郎についてトピック(テーマ) ね
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
進者、松尾多勢子-「勤王」に生きた女傑等が載っている。 管見山本覚馬/著同志社出
版年 1928 鳥羽伏見の戦いが始まって薩摩に捕らえられた山本覚馬が、失明の不幸中、獄
中で内容紹介 書き上げた建白書。議会制...