NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] Ⅰ六大巡行の概要
2明治六大巡行の概要(『明治六大巡行-地方の布達と人々の対応-』より)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、新潟、富山、石川、福井、滋賀、京都、岐阜、愛知、静岡、神奈川随行官員右大臣岩倉
具視、参議大隈重信・井上馨、宮内卿徳大寺実則、侍補佐々木高行、陸軍少輔大山巌、内
務書記官品川弥二郎等300名余に警部・巡査約4...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
三条実美、右大臣岩倉具視、参議大隈重信・大木喬任・伊藤博文・寺島宗則・山県有朋・
西郷従道・川村純義・井上馨であった。(注六)断髪散髪脱刀令―断髪・脱刀を自由とし
た明治四年(1871)の太政官布告。丁髷(ちょ...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
定して、十六年の首(はじ)めに国会を開くべしとの、意見であった。兼(かね)ては同
志であった、伊藤博文井上馨の両氏さへも、其(そ)の尚早(しょうそう)論に、驚いた
くらゐであるから、他の保守連は、全く後へに、瞠...