NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
訴訟の時、御公儀様へ取り上げられた。一元禄7(1694)甲戌年8月中馬追いたちと、伊奈
街道の16宿と争論となった。その時江戸の評定所において仰せ付けられた裁許状の写は左
の通りである。中馬方宮木村へ1通宿方...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
田上穂飯島片桐大島市田飯田駒場波合平谷根羽(改頁)8右之通り御裁許状中馬追共所持
仕候処、宝永年中又々争論之節、右通共ニ御取上ケ被仰付写斗所持仕候伊奈海道村井より
根羽迄十六宿中馬争論之覚一寛文十三丑年五月伊...
■宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
たちや、荷物を送り出したり受け取ったりする飯田町商人たちとの争いに関係した書類で
す。文書のほとんどが争論の記録で、寛文期(1661~1673)・元禄期(1688~1704)・宝
永期(1704~1711)に...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
度焼失あり。就中寛永十有九年壬午五月九日の出火にて町々およひ御堂類焼す。其頃大勧
進御方・本願上人御方争論の事ありて仮御堂を御両寺の間に建といへとも、入仏再建の企
も延引におよひ、尊像を焼跡に安置奉りぬ。慶安...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
19)亥年2月杉本所左衛門黒須卯太右衛門【(朱書)十○】享保5(1720)子年6月塩・魚
について、大争論があったことのあらましを書き留めたものである一城下町の塩と魚につ
いては、むかしより13町の市廻りにし...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [解説]
3、「信府統記」の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
城下の地形および間数などを詳述して城の規模をまとめています。第24巻「評論御裁許記
」は領堺等における争論の裁許記録編です。第25巻から29巻までの「松本領諸件別記」の
5巻は、宗門改・鉄砲改・関所番所改およ...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
卯太右衛門本町通・知久町通・番匠町通・大横町通り・松尾町通り13町と伝馬町と塩およ
び并肴売買について争論になり、糾明しての裁許一塩ならびに肴を城下町において売買す
ることについては、昔は尾張への通路の村の中...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
須卯太右衛門(改頁)本町通・知久町通・番匠町通・大横町通り松尾町通右拾三町与伝馬
町与塩并肴売買之儀及争論ニ糾明之裁許一塩并肴御城下町ニおゐて売買之義、往昔者尾州
江通路之在之中馬追、出所より両種之荷物ハ御城...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
キコトヲ慮リ、十五間北へ退キ築ヘシト云フ、諸臣是ヲ難シテ此川岸岩石ノ如シ、何ソソ
ノ憂アラントテ、已ニ争論ニ及フ、依テ中心ヲトリテ七間半ヲ退テ縄張ヲ極メ築タリト云
ヘリ、元和十年ヨリ享保十四年迄凡百余年、年々...