NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
衛正保三年三月十八日(改頁)3市田問屋此書付ハ元禄公事之節御公儀様江御取上ニ相成
候一元禄七甲戌年八月中馬追共、伊奈街道十六ケ宿及論事ニ、其節江戸於評定所被仰付、
御裁許状之写左之通中馬方宮木村へ壱通宿方飯田...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
18日市田問屋この書付は元禄年間の訴訟の時、御公儀様へ取り上げられた。一元禄7(169
4)甲戌年8月中馬追いたちと、伊奈街道の16宿と争論となった。その時江戸の評定所にお
いて仰せ付けられた裁許状の写は左の...
■宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
期から中期くらいまでの書類が集められています。人や荷物の継送りをする伊那街道の宿
場と、荷物を付け通す中馬稼ぎの人たちや、荷物を送り出したり受け取ったりする飯田町
商人たちとの争いに関係した書類です。文書のほ...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
2.天竜川通船
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
いたといわれますが、18世紀後半、飯田町正木屋清左衛門らは本格的な通船計画を練って
いました。しかし、中馬稼ぎ村や既得権を持つ下川路村(飯田市)等から強力な反対が起
ったためこの計画は一時挫折しましたが、天明...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
立てることにした。そのうち大横町は上り市といった。もっとも運上塩は、春先永雨など
で塩が不足するので、中馬の者たちは相対で運上を塩銭に直し、72文ずつに定め、その時
より取って来た。3疋追いとなっていて、塩3...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
市与申候ニ相定メ、内大横丁者上り市と申候、尤右取候運上塩之儀春先永雨又ハついり之
節右之塩不足立候間、中馬之者共相対ニて運上塩銭ニ直、七拾弐文(改頁)18宛相定其節
より取来候、右之村々を差而間の山三疋追とハ...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
1.犀川通船の盛衰
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
(1)宿場と中馬の反発松本から北国脇往還(善光寺街道)を経由して善光寺まで荷物を
運ぶには、「岡田村・刈谷原村・会田村...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
村役場へ取り入れたが、御役所へ早々に差し出すように御達があった、等々カより一、こ
の間に相談申し上げた中馬について、、来る二十八日にその有無を申し出るように、直段
方にて申し聞かされた、候間、前書日限の有無を...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
候ニ付、村役場へ取入有之候趣候間、御役所へ早々差出候様、御達ニ御座候、以上、等々
カ一此間中御談申上候中馬之儀、来ル廿八日有無可申出候様、直段方ニ而被申聞候間、前
書日限有無被仰上候様、御取計可被下候、尤組々...
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
払った。その後小諸領へ入り、(与良町の)小原の助四郎、柏木村喜太夫・新五郎を打ち
つぶした。この三人は中馬稼ぎをしている者である。このため小諸藩牧野遠江守様の番頭
・奉行・代官・大目付・足軽をはじめとする役人...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
おわりに
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
人と物資の大動脈を担った信州の通船は既に姿を消し、現在、観光用として残っているの
みですが、宿継ぎ駅や中馬の廃止、犀川通船、天竜川通船、千曲川通船の勃興、衰退など
の歴史から学ぶことは多い。<参考文献>※「信...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
町の形が出来上がりました。この大きな動きに関する史料が多数あります。ところが江戸
時代の中期に入ると、中馬の発達により、商品流通は一層盛んになりました。飯田町に入
る荷物、出て行く荷物の量はかなりの増加となり...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
論になり、糾明しての裁許一塩ならびに肴を城下町において売買することについては、昔
は尾張への通路の村の中馬追いが、出所より両方の荷物を城下本町通・知久町通・番匠町
通・松尾町通りなど買い付けの町々へ付けて来て...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
町与伝馬町与塩并肴売買之儀及争論ニ糾明之裁許一塩并肴御城下町ニおゐて売買之義、往
昔者尾州江通路之在之中馬追、出所より両種之荷物ハ御城下本町通・知久町通・番匠町通
・松尾町通り買付之町々江付参り候得共、其町中...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
十二年二月八日ニ者役交代ニ而後役江引譲り可致筈之所出入跡故種々入組多く五人組組合
之一条或ハ貯米之調へ中馬一件之相談等彼是ニ而無拠父上御勤被成候内日光御法会ニ付御
通行日々人馬触来り寸暇無之外ニも差入組之訳出...