NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
むことなく降り続き、翌八月一日朝五ツ時(午前八時頃)、浅間山のほうから夥しい音が
聞こえました。すると与良町大橋へ泥流が押し寄せたと、茶屋からしらせてきました。早
速出かけて見ると、もはや橋が押し流され、小諸城...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
保二壬戌年七月小廿九日夜之九ツ時より雨降出し、無止事降続キ、翌八月朔日朝五ツ時浅
間山夥敷鳴ル、然所ニ与良町大橋江水出候と茶屋より告来ル、早速罷出見申所ニ最早橋押
流シ、御門之内迄水押入、水之高サ三丈之余、横向...
浅間焼覚帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
本書は、天明三年から同七年頃にかけて執筆されたものではないかと考えられる。本書の
著者は、表紙に「小諸与良町与良与兵衛」と記されていることから、与良町に住んでいた
与良兵衛と分かるが、この人がどのような人である...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀
川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれ
る)、これに与良町と本町との間に新たにつくられ...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀
川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれ
る)、これに与良町と本町との間に新たにつくられ...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀
川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれ
る)、これに与良町と本町との間に新たにつくられ...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀
川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれ
る)、これに与良町と本町との間に新たにつくられ...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀
川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれ
る)、これに与良町と本町との間に新たにつくられ...
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
三郎・与宗次を打ちつぶした。ついで原新田村の常右衛門を打ちつぶし、焼き払った。そ
の後小諸領へ入り、(与良町の)小原の助四郎、柏木村喜太夫・新五郎を打ちつぶした。
この三人は中馬稼ぎをしている者である。このため...
小諸洪水流失改帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
「寛保二壬戌年八月朔日」与良右兵衛筆記『小諸洪水流失改帳の写』(与良町・小山隆司
家文書)一寛保2年7月28日は大雨、29日は夜9時すぎから雨が降りだし、法圓房沢の所ど
ころ...
浅間焼覚帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
郎、此三人ハちう馬おい也、是ニ付小諸牧野遠近(江)守様番頭・御奉行・御代官・大目
附・御足かる始とて、与良町きと口江十月二日ニ御馬乗り、あるいハやり・テツほうニ而
 (改頁) 御つめ被成候、...
小諸洪水流失改帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
頁)3一寛保二壬戌七月廿八日大雨、翌廿九日夜五ツ半過ヨリ雨降リ、法圓房沢山所々崩
レ、濁リ川江押出シ、与良町大橋流失、但シ水高サ三丈弐尺、横六間押通リ申候、一八月
朔日晴天之処、浅間前掛山続之山崩レ大水出ル、辰...
寛保二年大洪水余禄 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、寺社ばかりを残してみな押し流してしまった。人馬や僧侶などが流され、行方不明とな
り流死した。土石流は与良町の南のくりや川と乙女川ヘ流れ込み、田地を押し流し大きな
被害を与えた。
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
「小諸商人」、「商人の町小諸」といわれていた小諸を、明治後期に端的に述べています
。第二節商家案内一、与良町(一四軒の商家)煙草、紙、酒、漆器、足袋などの店と鍛冶
工場が二、荒町(三十二軒の商家)店が最多。合資...