NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
を以て武田晴信公より本領を賜って帰城しました。一天正10(1582)年織田平信忠公が甲
州追討として、下條口より入ってきました。下条伊豆守殿父子は浪合を固め、下條は家老
下条九兵衛殿が守っていました。下条九兵...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
田原北條家之御執持を以武田晴信公より坂西公へ本領無相違賜て御帰城一天正十年織田平
信忠公甲州為御追討、下條口より御打入之時、下條伊豆守殿御父子ハ浪合を固め給ひ下條
ハ御家老下条九兵衛殿守たる、信忠公へ心をよせ...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
所左衛門様・黒須卯太右衛門様より下さった。一上川路村より享保3戌年に願い出たのは
、上川路村は伊豆木・下条辺などへ行く時、いろいろな人々が通行し、人馬を差し出し宿
継場と同じように勤めてきた。旅人の用事のため...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
門様黒須卯太右衛門様より被下置候(改頁)33一上川路村より享保三戌年願出候者、上川
路村之義者伊豆木・下条辺下向ハ、諸方御通之節人馬差出宿継場同前ニ相勤来候、旅人為
用事商物御免許被下候様ニ願出候ニ付、則御免...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
家康の命令による上田築城の開始
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
最前線の重用拠点としての上田築城に取りかかったのだった。このとき家康が出陣を命じ
たとみてよい下伊那の下条氏に対して城普請の苦労をねぎらうとともに、早期の完成を督
励する家康の書状が二通伝わっている。下条氏は...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
所より、折井伴右衛門・金井源左衛門・藤井佐左衛門、七月二十四日御道見分、御塚前の
道より山辺御殿まで、下條徳太夫と高橋元治郎は、明二十五日に御道御見分に御出張にな
るので、例のとおり心得ること、もっとも御塚道...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
返也、申七月廿日郡所印折井伴右衛門金井源左衛門藤井佐左衛門七月廿四日御道見分御塚
前之道より山辺御殿迄下條徳太夫高橋元治郎右者明廿五日御道御見分ニ御出張ニ候間、例
之通相心得候様、尤御塚道迄ハ(改頁)189宜...
伊那繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
訪神社、松尾村の①県社八幡社②松尾城址、大島村の大島城址、浪合村(阿智村)の尹良
(ゆきよし)親王社、下條村の①大山田神社②吉岡城址、上久堅村の神ノ峯城址、大鹿村
の宗良親王遺跡などがくわしく紹介されています...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
平岩七之介親吉柴田七九郎重政其外保科弾正忠正久屋代越中守政信三枝平右衛門守勝曽根
内匠助等並諏訪安芸守下条知久遠山大原等ノ国人都合七千余騎、安房守昌幸ノ居城上田ヲ
攻メタリシニ寄手大ニ敗北ス、城兵付取所ノ首級...