NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
徳川秀忠軍の上田攻め
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
免れないところ、徳川方に付いた信幸の助命嘆願により昌幸は信繁とともに高野山へ流罪
の身となる。しかし、上田領は先に家康から約された通り信幸に与えられ、真田家は領地
もそのままに存続することができた。関ヶ原の合戦...
■明治3年歎願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
世上の不安は絶えませんでした。上田騒動の原因は数多くあげられますが、その大きな一
つに、信州全域および上田領内に流入した贋金にあります。したがってこの騒動を「チャ
ラ金騒動」とも呼んでいます。いくつかの騒動が起...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
真田氏上田領・沼田領の石高
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
「秀吉と真田」の目次はこちら関ケ原合戦のあった慶長五年(一六〇〇)までの真田昌幸
の知行高、つまり上田領の石高は「三万八千石」とされていた。しかし、この上田領つま
り信濃国小県郡一円の石高は江戸時代初期以降...
■明治3年歎願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
はおよそ200万両にも及ぶといわれています。そのうちの7、8割は信濃国のものであり、
さらにその多くが上田領管内の損失となっております。私のほうで蚕種製造のための元金
を、それぞれの製造者に立て替えておいた代金...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田昌幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
小領主化………22一真田領の形成………22二武田氏への被官化………29三上野吾妻領の攻
略………37四上田領への進出………44第三家督継承と領主化………55一武田家への出仕…
……55二家督相続………60三兄弟...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
様・佐藤善太夫様は布下村へ宿泊されました。小諸より領内の絵図を差し上げました。三
月四日か五日の一日、上田領の田中宿を一日見分されました。三月二日に手代衆二人、小
人目付二人が、またまた本町川原より与良大橋まで...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
めたということでしょうか。しかし、『東部町誌』では三三〇余人『小県郡史』では四三
三人とまちまちです。上田領内で実際に亡くなった人は何人いたのでしょうか。
■原町問屋日記(嘉永六年) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
された史料が伝えている。嘉永六年十二月の『異国船渡来ニ付献納籾取集帳』がその一つ
である。取集帳には、上田領上青木村の人々が、合わせて籾十五俵(九石)を上田藩に献
上したことが詳しく(村民ひとり一人の名前と籾の...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
いじ注10)。○いやだ上田のましごく様は死にや碎(くだけ注11)けを抜けぬけと。(依
田窪中武石村のみ上田領、死米(しにごめ注12)碎米(くだけまい注13)を除き年貢米を
改むるを謠はる)○武石やよいとこ何時(...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
家康の関東移封と真田昌幸・信幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
既に返してやる旨を昌幸に伝えていたものでもあった(写真)。もっとも上州沼田領は昌
幸の長男信幸が、父の上田領(小県郡)とは独立した形で支配を展開することになる。し
かし、信幸についても、これ以後は父昌幸と同様、...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
東西に分かれた真田父子
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
に報告した。七月二十四日、家康は信幸の忠節を「奇特千万」と賞し(写真)、続いて二
十七日には、小県郡(上田領)は親の領地であるから、異議なく信幸に与えると約してい
る(写真)。真田信幸宛徳川家康書状<史料解説>...
■蚕がひの学 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
いうわけです。塩尻の蚕種商人たちは、いくつもの養蚕書を刊行しました。次に三冊の養
蚕書を紹介します。・上田領上塩尻村の塚田与右衛門は、上田小県地域では最も早い養蚕
書といわれる『新撰養蚕秘書』を宝暦七年(一七五...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
へも見へて、両親にも話し、続いて毎日の催促に、とう/\根負けがして承諾した。武石
は山間の大村落で昔は上田領であった八ヶ村に別れ、武石は其の総称であった。此(こ)
の辺には天領が多く、人気が宜しくないが、武石は...
千曲川・犀川と水害についてトピック(テー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
7巻・第8巻]著者名 長野県/編出版社 長野県史刊行会出版年 1973内容紹介寛保の大洪
水関係史料(上田領、小諸領・高野町知行所、松代領・飯山 領、飯山領・須坂領)1 書
名信濃の巨流千曲川:千曲川第1期改修...
長野県の災害についてトピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
第2巻・第7巻・第8巻]著者名 長野県/編出版社 長野県史刊行会出版年 1905年5月内容
紹介近世の上田領、小諸領・高野町知行所、松代領・飯山領、飯山領・須坂 領に発生し
た災害関係史料1 書名松代群発地震記...