NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
記)岩下の御小休所も須叟(しゅゆしばらく)にして御発輦となれり。奉迎者は道の両側
に整列して絶間なし、上田町は流石(さすが)五万石の城下丈け有りて、戸々国旗を立て
紅燈(こうとう赤い提灯)を掲げ店には屏風を引き...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
十九銀行にして、岡谷に設置せる支店を諏訪支店と称す。同行は明治十年十一月、第十九
国立銀行と称し小県郡上田町に創立せられたるものなり。当時上田は著名なる生糸の集散
地たりしを以て、生糸に対する放資自ら多からざる...
■上田案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
を其産出とし、旅客商売の往来繁く」と、明治末の「蚕都上田」を的確にあらわしている
。〇官衙公署トップに上田町役場、所在地は原町一丁目とある。以下の上田警察署(下房
山)や上田郵便局(海野町)などとともに、官公庁...
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
十九銀行ノ略歴史株式会社第十九銀行ハ今ヲ去ルコト三十年以前明治十年十一月第十九国
立銀行ノ名ヲ以テ信州上田町ニ開業シタリ当時上田町ハ朱判稀無双等ノ名称ヲ以テ座繰生
糸(提糸)ヲ横浜ニ輸出シ其名全国ニ嘖々(さくさ...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
時ニ城郭破却サセラレシナリ、一城下町ハ海野村原村等ヨリ移住シタルヨリ町名ヲ其本居
ノ名ヲ付タルナリ、此上田町割家地ハ何レモ能ク鬼門方位ヲ除カレタリトソ、但今常田ヨ
リ来ル隅ノ家 (改頁) ノ...
■扶桑之蠶6巻 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
1892)、地域の願いが実り「小県蚕業学校」が設立した。日本で初めての蚕業を学ぶため
の中等教育機関が上田町に誕生したのである。小県蚕業学校の名は設立当初に全国の養蚕
農家が知ったのであろう。養蚕技術を学ぶため...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
月の半ば頃であったか、增田先生から、一寸(ちょと)来てくれとの、言付けであったか
、早速を尋ねした処、上田町の臨時町会が、開かれるので、其(そ)の書記の選任を、町
長の田(改頁)中忠七から、頼まれて居るが、外に...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
半潰六軒一、土蔵潰一軒一、物置潰一軒梅翁院寺中一、居家潰三軒一、同断半潰一軒西念
寺々中一、居家潰四軒上田町熊太屋敷一、居家潰一軒一、同断半潰二軒一、物置半潰一軒
練光寺々中一、居家半潰二軒(改頁)22長国寺々...
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
藩領では真田村の金次郎・横尾村の文七を打ちつぶし、焼き払った。騒動勢はそこから下
り、伊勢山村へ行き、上田町へ行こうとしたが、伊勢山村の役人が川久保河原で待ち受け
、四、五人を打ち殺した。そのうちにこのことが上...
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
田町分荒町東条村分、一家7軒ノ内流家3軒、潰家4軒柴町末在郷分一家4軒皆流家、同所下
屋敷之内1軒流家上田町一流家1軒外下田町流家1軒、潰家1軒下田町同心町一家22軒町外町
続小計72軒、内流家24軒、潰家49...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
分荒町東条村分ナリ、一家七軒ノ内流家三軒、潰家四軒柴町末在郷分一家四軒皆流家、同
所下屋敷之内壱軒流家上田町一流家壱軒外下田町流家壱軒、潰家壱軒下田町同心町一家弐
拾弐軒町外町続小以七拾弐間(軒)、内流家弐拾四...
■原町問屋日記(嘉永六年) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、開国以来、皇国の御大事)への対応が数多くみられる。『原町問屋日記』には、以後も
ペリー来航に対応する上田町人の姿が記されていくが、農民の対応についても上田市立博
物館に残された史料が伝えている。嘉永六年十二月...
■浅間山 [解説]
第三編 浅間山変異記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
村田へ打ち入り・・・野澤に乱入、隅屋甚五右衛門を散々に潰し・・・小諸城下へ・・・
田中から海野へ・・・上田町へと進みました。一揆勢は、上州から信州の佐久、小県の町
村へと、広い範囲にわたって打ちこわしたのです。...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
凡例
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
し)地方にありては中塩田(なかしおだ)村を、河東地方にありては県(あがた)村を、
上田平地方にありては上田町(現在は市)神川(かんがわ)村神科(かみしな)村を中心
地として傍(かたわら)其隣町村のものを以て補充...
別所温泉誌 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
す。『別所温泉誌』が発行された同三十三年ごろには本だけでなく、商店の広告も活版刷
りになります。当時、上田町にあった印刷所は、上田活版社(活版・銅版・石版)、長谷
川活版所(活版)、中沢活版所(活版)、丸山活版...
別所温泉誌 [解説]
《附近の名勝舊蹟の一斑》
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
上田町からはじまり神社、寺、古戦場、川、山、最後はほかの村にある温泉が紹介されて
います。
[解説]
資金供給源の(株)第十九銀行略史
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
業界にどのような影響をもたらした銀行であったのだろう。第十九銀行は、1877・明治10
年11月8日、上田町100番地(現、株式会社八十二銀行上田支店地籍)に開業した第十九国
立銀行(資本金10万円)を前身とし...
■分県之建白 [解説]
ひとつの長野県に
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
。ひとつの長野県に統合されて1年3か月後の10年11月に、長野県は、早くも「本国全地ノ
中央」にちかい上田町に県庁を移したいという県庁移転の伺いを出します。これに対し内
務卿大久保利通は、翌11年3月4日付で理...