NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
問屋と継馬についての争論があった。中馬の者が言うことは、伊那街道のいろいろな商い
荷物は、昔から尾州・三州・松本へ通し馬で通行してきた。先年脇坂中務少輔様の信州領
地の時、家来方より七品の荷物は宿継にするよう...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
国筑摩郡松本町商人与同国伊那海道拾六ケ宿問屋継馬諍論事、中馬之者申趣伊那海道諸色
商荷物、従古来尾州・三州・松本江通り馬ニ而通路仕来候、先年脇坂中務少輔信州領地之
節、家来方より七色之荷物可致宿次旨、市田村問...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
を申し上げた一塩並びに魚を13町へ付けて来るわけは、かつては本町通は当国駒場村付近
の馬、知久町通へは三州・根羽村・横畑村、番匠町通へは平谷村、松尾町通へは波合村、
大横町通りへは三州武節村・津具村そのほかこ...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
成候得者難儀千万奉存候、然間御領分(改頁)往還筋猥に買留め不申候様ニ奉願上候御事
一手前馬ニて、濃州・三州又ハ他領江なりとも差越、入用之塩取寄申候義ハ勝手次第奉存
候得とも、市町江参候塩荷物道筋ニ而猥ニ買留申...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
て殊に奇とせり。月原山明専寺東派水内郡柏原ニあり。本尊阿弥陀如来御長ヶ二尺八寸本
堂九間四面〇此寺往昔三州賀茂源信和尚御作也。郡月原といふ所に有て天台宗なりしが、
高祖聖人関東より御帰洛の時、三河国矢矧の宿柳...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
。この寺の裏の沢に石の宝塔があり、入の塔といいます。別所常楽寺の裏の沢から出てき
た薬師如来は、現在の三州鳳来寺峯の薬師如来です。その由来です。天長六年に諸国で疫
病が流行しました。中でも三河国では国中で流行...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
り、此寺の裏の沢に石の宝塔あり、入の塔と云、(改頁)或が曰、別所常楽寺裏の沢より
出現の薬師如来は、今三州鳳来寺峯の薬師是なり、其由縁ハ天長六己酉諸国疫癘流行して
、就中三河国は国中大に煩い臥し、死する者麻を...
■宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
宿継要書留』はここで終わっています。中馬の争いはこの後も続き、文政期(1818~1830
)になると、三州(愛知県)に起こった三州馬との争いが出てきて、天保期(1830~1844
)にかけて大きな争いとなりま...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
上方へ行かれました。一天正10年8月より御城代は、菅沼大膳亮源定利公となり、知行は5
000石でした。三州源君家康公へ御預りとなり、巡見をされて御城代として菅沼定利公を
置かれました。天正17(1589)年定...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
六月大島城へ御移り(改頁)上方江御登被成候一天正十午八月より御城代菅沼大膳亮源定
利公知行五千石、当年三州源君家康公へ御預り、則御巡見遊バされ、為御城代菅沼定利公
を被置、天正十七年定利公御病気重く次ニ御死去...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
9日限り、それとも当人に売る者は入札するようにと触れがあった。入札は9月中頃。7日
、天気。8日、雨。三州鳳来寺真言学頭醫王院。信濃・美濃・近江。御高懈堂と目坊向が
大破したので、修復助成のため3か国と御府内...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
当人うりえ者者其心得申、今以入札いたし候様、且又可被申触候、且入札九月中頃ニ候、
以上、七日天気八日雨三州鳳来寺真言学頭醫王院信濃美濃近江御高懈堂并目坊向大破ニ付
修復、為助成入口三ケ国并御府内武家方寺社在町...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
信濃町柏原)にある。本尊阿弥陀如来高さ2尺8寸で、源信和尚の作である。本堂9間四方
。この寺はその昔、三州賀茂郡月原という所にあって、天台宗だったが、親鸞聖人が関東
から都に帰られる途中、三河国矢矧(やはぎ)...
■小県郡民謡集 [解説]
炉辺叢書(ろへんそうしょ)の一冊として
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
『小県郡民謡集』)の巻末にある「既刊書目」によって、少々ながめてみよう。『飛騨の
鳥』(川口孫治郎)『三州横山話』(早川孝太郎)『古琉球の政治』(伊波普猷)『郷土
誌論』(柳田国男)『南島説話』(佐喜真興英)...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
阜中納言殿(織田秀信)申し談じ、人数出し候。福島左太(正則)只今御理り申し半ばに
候。相済むに於ては、三州表へ打ち出すべく候。もし済まざるに於ては、清須へ勢州ヘ一
所に成り候て行(てだて)に及ぶべく候。猶異事...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
菱屋忠兵衛殿息子一当辰七歳新井安太郎爪印(改頁)51同断伊勢屋又吉殿息子一当辰七歳小
松芳太郎爪印同断三州屋重兵衛殿息子一当辰九歳藤田岩吉爪印十三日本町二丁目伊勢屋惣
兵衛殿息子一当辰七歳梶村玉次郎爪印(改頁...
昔の旅人トピック(テーマ) ねらい昔の旅
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
育委員会 長野県文化財保護協会復刊 1982.1内容紹介本書には、善光寺道(北国脇往還)
・伊那街道(三州街道)・千国道・野 麦道・飯山道を収録。3 書名 著者名 出版社 出版
年浅井洌 松本市教育会浅井洌遺...