NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
著しき繁多なり。新聞丸上商店ハ此町なり。○千歳町末広町より石若町を貫通して、右ヘ
一直線の町なり。五丁あり。ステーシヨンの入ハ、則五丁目なり。(改頁)6◎石堂町末
広町を行あたりて、南北の町なり。○米屋町末広...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
衛門手代関太郎兵衛へ遣わし調べさせたところ、先年証文には、商人荷物は出所より通し
馬はその通りであるとあり、これを宿問屋出所とあるのは、七品の荷物を作り出す在所よ
りの通し馬のことであるというのである。作り出...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
に嚠喨(りゅうりょう楽器の音が高らかに響きわたる)楽を奏す。橋を渡れば教導団の砲
兵、歩兵隊の迎送するあり、左に折れ、駒込、巣鴨を経、板橋に向ひて、御輦を進め給ふ
。此日天気清朗(せいろう)にして府下の老若男...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、若年にして看病の怠る事を覚、実母此世を去り給ふといへとも是また左の如し。年経て
後不行跡にして江府にあり、実父の病便りなき国に旅立し給ふ其日をもしらす、父母居す
時は遠遊はす。是聖賢の教を守らさるの後悔なり...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が子を愛しその孫を慈しむ思いやりは、「子を見ること親にしかず」というとおりで、有
難いことは言うまでもありません。しばらくして養母も重い病に臥してあの世に旅立ちま
した。この時初めて看病もし、野辺送りも務めま...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
て、道途泥濘(でいねい:どろ道)、行路艱難(かんなん)言ふへからす。東塩田村に、
生嶋(ママ)足島神社あり古記類の信拠すへき者も秘蔵すと聞けと、見るに及はす。東塩
田小学校に立寄り、暫時休止せり。校長は清水菊...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
けたもので、もともと下書きをしたものでもないので、文もたいへん拙いのですが、校合
もせずそのままにしてあります。◯むし倉日記と名づけたのは、今回の地震で虫倉山のあ
たりの村々の被害が特に甚だしかったのは、別に...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
十回説諭要略序2筑摩県権令(ごんれい)(注1)永山公(注2)今茲(ここ)三月管下(注3)廻村視
学ノ挙アリ。其挙ヤ自ラ各校ニ就テ開導(かいどう)(注4)説諭(せつゆ)ス。事々懇篤(こん
とく)(注5)言々(げ...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
町成沢寛経翁ノ著ナリ、今鷲見氏ノ蔵写本ヲ借リテ謄写ス、但此写本ノ表紙ニ上田の早苗
[其他聞書綴こみ]トアリテ、イヅレノ章迄ガ上田の早苗原著に属スルヤヲ詳ニセズ、憶測
ヲ以テスルニ、月窓寺之事ノ章迄ヲ原著ト見ル...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
水災の後ハ夜の登営ハやみて昼計となりぬ、是よりハ未申酉の下宿にて定れる刻限なし、
下宿の後庭裏の小屋にありて日くるゝ迄ハ閑暇なるまゝ、後の枝折ニもと思ひ出るまゝを
書付たる書(改頁)3にて、元来草稿したるにも...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
枕持ち寝にも行かばや夏木立」と、隣近所もはばからず口ずさむのどかな里も多いことで
しょう。こういう話があります。今年丁未(弘化4年)3月下旬、山仕事をしていると、暴
風が吹き起こって山野に激しく響き渡りました...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
p;説に曰、今年丁未弥生の下旬、山稼して有けるに、暴に大風起りて山野に響事夥しとい
へとも、心もつかすありける所、暫くありて又もや暴風発してその鳴音辺りに徹ゆる事数
度なりし。サハあれと有合所の樹木枝葉少しも...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
荒町ヘ一里、牟礼へ二里半、柏原ヘ一里、野尻ヘ一里、越後の関川ヘ一里半、是迄の順路
七里なり、野尻に湖水あり、其流れ越後の今町の浜にて海に入る、此川を関川といふ、野
尻の湖水も諏訪と同じく氷張つめたる其上を人馬...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、このときに深志という名を改めて松本としました。遍照山光明院。松本入口長沢川のわ
きにある袖が池の傍にあります(馬喰町)。本尊は阿弥陀如来、脇立地蔵菩薩(恵心僧都
作)、浄土宗。この寺は松本の駅長(松本宿の問...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
大木があるのを昼に見てあったので、この木にしがみつきましたが、何やら麻畑を押し分
けて這って来るものがあります。これは猛獣だろうかとまたさらに驚いて星明かりに透か
して見ると、この寺の庫裡の婆が赤裸で這って来...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
刻は「信濃之部」のみ)二十四拝順拝図会巻之五3信濃国越後より信濃へ至るに、関川と
野尻との間に国界の川あり。右の方に黒姫飯綱戸隠山の嶺聳へて見ゆ。〇戸隠山ハ越後に
隣り黒姫山に並べり。祭る御神ハ手力雄命なり。...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
よそ5、6丁(5,600メートル)です。今奥曲輪にある山伏丸は、この所のあとです。この
ほか神明の社がありましたが、城の外へ移しました。今の知久町1丁目南側の中程です。
後々迄役所を神明屋敷と言っていました。...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
と思われるので、いずれ申し合わせると、郷目付から聞かされ、承知した次第である。27
日、このたび詮義があり、来月五日に宮本神明宮・筑摩八幡宮、同七日に保高明神、五穀
就ならびに火難災難除の御祈を仰せ付けられた...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
原右近大夫貞慶入城なり、此砌深志を改て松本と称せらる、○遍照山光明院[松本入口長
沢川の際袖が池の傍ニあり、即馬喰町なり、]本尊阿弥陀如来脇立地蔵菩薩恵心僧都作浄
土宗(改頁)此寺ハ松本の駅長倉科何某いまだ駅...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
があることは、昔からその数はきまりがないというが、およそ近くは四十年、遠くは五、
六十年に一度は飢饉があり、その間に二、三年や四、五年の間に二度続くこともよく聞き
伝えられていることだ、中古以来の飢饉を尋ねて...