NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [解説]
『むしくら日記』という題名
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
年(1847)の善光寺地震の記録です。綱徳の自筆本が伝わっており、昭和6年(1931)に
『弘化震災記むし倉日記』として刊行され、初めて世に出ました。昭和48年(1973)には
『新編信濃史料叢書』第9巻に「むしく...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
もともと下書きをしたものでもないので、文もたいへん拙いのですが、校合もせずそのま
まにしてあります。◯むし倉日記と名づけたのは、今回の地震で虫倉山のあたりの村々の
被害が特に甚だしかったのは、別にお届けを出した通り...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
むし倉日記利◯4月14日辰(午前8時)のころ登城してご機嫌を伺い、巳(午前10時)過ぎる
頃退出しました。水の様...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
(改頁)3にて、元来草稿したるにもあらねは、文もいと拙なけれと、校合も加へすそか
まゝになし置る也、○むし倉日記と名付たるハ、こたひの地震、虫倉山の回り村々取分て
大荒にて、別に御届出たる程の事也、思ひ合すれハ、地...
善光寺地震トピック(テーマ)善光寺地震ね
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
ま で7年を要したなかで、人々はどのように生き抜いたのか。現代文で届ける歴史資料3
書名弘化震災記 むし倉日記著者名 河原綱徳/稿 出版社 信濃毎日新聞社出版年 1931
.9弘化4年(1847)3月24日に発生...