NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■蚕がひの学 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
別て初夏のうち不順にて折々寒き事あり家によりては寒さを凌かね思の外の損失あり以前
(改頁)3は掃立よりまゆ造るまで日数四十余日に飼あげしに近頃ハ三十四五日をかぎり
飼上る人々年々上作の利をうる尤村里寒暖の地に...
養蚕往来 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
、取扱ニも天日を除、火の側を堅く忌、手抔洗、随分大切ニ(改頁)蚕口口口ちて丸葉の桑
をあたふる図かひこまゆを口口口とき口口□といふひろきふたの□いに□□□ばなどのも
のをしき入れてしきり、かひこをおきてわくを...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
一煙草〆三駄2箇付で1駄但し1箇について14貫目程三州までの間送〆25駄美濃岩村辺へ送
る分同午年中一まゆ〆140駄2箇付で1駄但し1本について14貫目程駄賃岩村までの割合によ
って決め送る同断一たばこ〆94...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
程同断一煙草〆三駄弐箇付壱駄但壱箇ニ付拾四貫目程三州迄之間送〆弐拾五駄美濃岩村辺
江送り候分同午年中一まゆ〆百四拾駄弐箇付壱駄但壱本(ママ)ニ拾四貫目程駄賃岩村迄
之割合ヲ以相極送り申候同断一たばこ九百四拾五...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ープとか班ということである。苗圃の実習でよくこの形態が使われた。(注11-2)柞蚕(さ
くさん):ヤママユガ科のガを用いて、カイコと同じように糸をつくるもの。野蚕の一種
。幼虫の食草はクリ・クヌギ・カシなどで...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
・流行うた、また御休処の床机に腰をもたれて旅客を呼込むたをやめは、年も二八のそは
よりも細きこしに、やまゝゆ入たる紫小納戸縮緬の紐つけたるまへかけをしめて、酒喰を
商ふ。或ハすし或はてんぷら・蒸菓子等の屋台店...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
めらる。吉田村にて粉面朱唇(ふんめんしゅしんおしろいの顔と真っ赤な唇)、一様に髻
(もとどり)に繭絲(まゆいと)の珊々(さんさん鈴の音のすんださま)たるを結び、日
章旗(にっしょうき)を象(かたど)りたる簪(...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之四
○埴科郡矢代
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
いふ、広き葢の類に椎柴などの物を敷入て、ひきりたる蚕を置て藁を覆にして繭を張らす
なり、四五日して後、まゆを一つづゝ放して取なり、繭はる物を簇といふ、蚕種をとる事
ハ簇物より形のよき蚕を撰んで糸に括り釣おけバ...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
承り、御上にも嘸御慕いあそばされたいと、小又の両親へ遣わす、(改頁)「人相は香又
木の梅の花和泉式部もまゆをひそめん」、十二月二十八日野溝へ歳暮を遣わす、平田(ひ
らた、松本市の芳川地区)へも遣わす、この日の...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
等給ハりしを承り御上にも嘸御慕ひ遊ハし候ハんと、小又両親へ遣ス(改頁)人相は香又
木の梅の花和泉式部もまゆをひそめん十二月廿八日野溝へ歳暮遣ス、平田へも遣ス同晩方
野溝より久内蔵殿来ル、土産米、かき、足袋二、...
■浅間山 [解説]
第六編 浅間山附近の植物
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
の類・門・科に属する植物名を十三ページにわたって紹介しています。ここには・スギナ
・マツミシソウ・クルマユリ・ススキ・アカマツ・ツガ・モミなどの名があげられていま
す。...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
色)の綸子(りんず=滑らかで光沢のある、後練りの繻子(しゅす=サテン)織りの絹織
物。3.糸取……繭(まゆ)から糸を紡ぎ出すこと。4.巫女(みこ)。〔方〕河東地方に
關する四首○海野平(うんのたひら)から禰津...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
付録 春駒一首
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
の一つ。綿を厚く入れた着付け。7.前掛け。8.北西。9.ふんだん……たくさん。〔方
〕10.蚕が、繭(まゆ)を作るときに足場にするもの。11.糸をとるのに適さず、真綿と
する不良の繭。12.製糸の原料となる繭...
■蚕がひの学 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
(大きく育った)の蚕には縄網を使う。・蚕を飼うには籾ぬかを使う。粟ぬかは湿気って
よくない。雨天のときまゆ虫ころし仕やうの事・雨天が続けば、うじや蛭が出てきて損を
する。そうならぬよう焙(ほい)炉(ろ)で蒸し...