NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
おらが春 [解説]
おらが春』の出版
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
おらが春』は出版を前提としていたらしく、自筆の稿本は、挿絵も一茶自身が描いてい
ます。しかし生前は出版されず、...
おらが春 [解説]
一茶の著作
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
1年間の俳句や俳文をまとめた作品集として、『我春集(わがはるしゅう)』『株番』『志
多良(しだら)』『おらが春』『まん六の春』などが作られました。中でも『おらが春』は
、一茶の没後に刊行されて、一茶の著作の代表と...
おらが春 [解説]
小林一茶の生涯
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
[目録]長野郷土史研究会小林一郎小林一茶(1763~1827)は、江戸時代後期を代表する俳人
です。一...
おらが春 [解説]
おらが春』の構造
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
文政2年(1819)1年間の句文集の体裁をとっていますが、単に日を追って俳句や文章を並べ
たものではな...