石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
菅 眞靜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
菅眞靜、中院通茂の門人にして、和歌を能くし、最も國學に長ず。前田綱紀中年以後源氏
物語を讀み、屢書を通茂に贈...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の著述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
聚間辧を、田中式如をして新撰和訓解を、中原祐信等をして萬姓統譜明人續纂を、中原職
資をして續紹選録を、菅眞靜をして源氏物語訓解を、稻宣義をして庶物類纂を輯録せしむ
。その學術に裨益するもの豈鮮少ならんや。
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
源語の解釋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
松より至り、數年を經て源氏物語の講説を終れり。時人相傳へて美談とす。後年綱紀も亦
源語を讀み、寶永三年菅眞靜を京師より聘してその要旨を聽けり。眞靜は和歌を中院通茂
に受け、最も國學に通ぜり。