石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀書を幕府に講ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ば、綱紀は遂に之を諾するに至りたりき。六月三日將軍則ち諸侯を召し、親ら大學の三綱
領を講じたる後、綱紀中庸の首章を敷衍せり。後林鳳岡が綱紀の命によりて加賀中將講本
中庸章句跋を作り、木下順庵の加賀菅侯奉レ旨進...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
加賀中將講本中庸章句跋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
備後守成貞。侍二候其傍一。近臣柳澤出羽守保明。及余陪二其席一。御講畢。特降二台命
一。使三加賀中將講二中庸首章一。講義穩當。雄辯不レ嗄。其旨趣曰。中庸之書者。子思
子憂三道學之失二其傳一而作也(所脱カ)。故以...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の講經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元祿五年六月三日徳川綱吉自ら大學を便廳に講じ、命を下して亦綱紀に經を講ぜしむ。綱
紀乃ち進みで中庸の首章を敷衍す。將軍讃嘆の聲を止めず。講終りて綱紀を饗し、且つ嘉
賞の言を賜ふ。退廳の後綱紀林鳳岡及び...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高の卒去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
下以二蜜藥一使上レ食レ之。遂至レ不レ起。年三十一。鳴呼惜哉。君嘗招レ余。時々迎接
。其暇日或講聽二大學中庸一。或講二論語一而終レ編。且晤語之間乃父在。則雖レ難レ聞
二斯行一。然其志可二以觀一乎。天若假二之年一...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
黒羽織黨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
限を侵犯したる嫌ありしとにより、遂に排擠せらるゝに至りたるなりと主張すれども、黒
羽織黨の所爲も亦全く中庸を維持すること能はず、故らに新奇を欲して常軌を逸し、儉約
の爲と稱して舊規を破壞することありたりしなり...
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に比し、敢へて先鞭を着けたりとはすべからざるも、亦後塵を拜するものにはあらず。計
畫の時宜に適ひ時機の中庸を得たるものとすべし。這次發行したる石川縣史第三編の内容
は、第二編の内容と表裏を爲すものにして、彼此...
第三章 學事宗教 第一節 學校
學生
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
匯參一部を賞賜せられ、その後三ヶ年聞怠らざるものに孟子匯參を與へ、更に三ヶ年間勵
精する時は大學匯參・中庸匯參を與へ、全期間を通じて四書匯參一部を得しむ。入學生に
は授業料を徴することなく、その在學年限中なる...
第三章 學事宗教 第一節 學校
時習館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に於いては、士分の子弟十歳より十六歳まで偶日毎に經書を學習せしめ、之を温讀と稱す
。温讀は孝經・大學・中庸・論語・詩經・書經・禮記・易經の順序により、漸次に上級に
編入す。温讀を終りたる者は春秋二季に試驗を施...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
五十川剛伯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
消息一。從來智仁樂。樂レ樂樂罔レ極。順庵木老先生。前侍二御講於便殿一。復降二台命
一。乃使三老先生講二中庸書一。剛聞而喜レ之。匪二啻鼇抃雀躍而已一。因裁二一律一。
以寫二鄙情一。且述二契濶之情一云。世間縁レ底...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
金子有斐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
滿城是に於いて翕然としてその化に浴す。文化元年大夫今枝氏の聘に應じて金澤に來る。
著す所詩經訓解五卷・中庸解一卷・孫子伐柯三卷・能登遊記二卷・白山遊覽圖記八卷・文
範・詩範・隨筆各一卷等あり。天保十一年十二月...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大田元貞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を與ふ。これ實に五年八月十四日なり。八年四月二十三日江戸に歿す、年六十一、疑問録
・九經談・大學原解・中庸原解・梧窻漫筆・春草堂集等の著書甚だ多し。新柳裊裊金衣亂二
曉風一。粧レ春不レ讓百花功。細雨淡烟眠熟後...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
深町景知
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
遊す。慶應三年郷に歸るの後詩文を事とし、明治十四年十月三十日五十五歳にして歿す。
著す所、秋山詩文稿・中庸辧義・修身談・樂水聞見録・家制要覽等あり。