石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第九節 兵學
青山知次 長谷川 猷 齋藤三九郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
世の志あり。是を以て知次は猷の説を聞くを喜び、猷は知次の爲に參畫するを樂しめり。
されば知次が天保末年齋藤三九郎を聘したるは猷の推薦により、弘化三年西洋の製に則り
て大炮三門を鑄たるは三九郎の設計監督に係りたるなり...
第三章 學事宗教 第九節 兵學
西洋兵器の製造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
島秋帆が江戸に炮術教授を許可せられたる後數年に在りて、之が製造の任に當りたるを秋
帆の門下より出でたる齋藤三九郎とし、而して三九郎をして能く手腕を揮はしめたるもの
は青山知次と長谷川猷との二人なりとす。
第三章 學事宗教 第九節 兵學
長谷川猷の國防意見
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
國を避て他境に入らんか、其災量るべからざるの害を生ぜんことを懼る。又此に天なる哉
、天保の末年我邦の人齋藤三九郎なる者ありて、此全傳を得て國に歸る。僕雀躍して之を
青山老參政に進む。此れ固より參政の宿志に吻合せるが...