石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
原清 水 谷古 屋 谷野納年北方市 ノ 瀬荒山四坊琴坂二俣[井上庄に跨る](以上五箇庄
)田屋岩崎七黒鳥越北蓮 花 寺鳥 屋 尾籠月吉倉大熊八 ノ 谷市 ノ 谷彦太郎畑笠池ヶ原
大畠莇谷宮田(以上笠野郷)坂戸...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
成政の退却
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
てその餘憤を漏らさんことを恐れ、遙かに之に尾して彼が行動を監視せしに、成政は津幡
に注目することなく、鳥越附近を過ぎて馬を納れたりき。是より先、鳥越の城主目賀田又
右衞門・丹羽源十郎は、利家の末森に破れたりと...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利家の鳥越城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
常に前田・佐々二氏の爭鬪を絶つことなかりき。天正十二年十月十四日利家は、曩に成政
の爲に奪掠せられたる鳥越城を回復せんと欲して兵を出しゝが、鳥越が山中の險難にして
、之を力攻すること甚だ困難なるを以て、自らそ...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利家の鳥越の再襲
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是に於いて利家はまた復讐戰を試み、四月八日山崎庄兵衞長徳[初名長鏡]を先鋒たらし
めて鳥越城を圍めり。城將久世但馬守壁を固守して出で戰はず。利家乃ち諸將の議を容れ
て、四近の邑里を攻略せしめ、...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
成政軍の國境撤退
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是の月成政は、鳥越・倶利伽羅二城の遂に保つべからざるを慮りて、その守兵を撤せり。
利家乃ち前田秀繼をして越中に入り、新に...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の北征宣言と利家の準備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
有レ之むすめ被二送返一候。然者彌無事などゝ云事曾以無一之候。以上。書状令二披見一
候。仍藏介(内藏助)鳥越表迄越候へ共、別なる子細も無レ之引かへし候。ます山の普請
など仕候共、かゝへ候事は難レ成候。近日御出馬...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
前田氏の配備と末森城
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前田氏側に在りては、前田秀繼・利秀父子を越中往來の要衝津幡城に置き、目賀田又右衞
門・丹羽源十郎を國境鳥越城に置き、村井長頼・高畠九藏・原田又右衞門を同じく朝日山
に派し、前田安勝・前田良繼・高畠定吉・中川光...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
蓮沼攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
殊きぶね之城ぎはと云、其上夜中之儀に候へば、引取儀を無二心元一思召候へ共、目賀田
又右衞門・丹羽源十郎鳥越を聞おぢに明退候を無念に被二思召一此度越中へ中入して放火
仕儀尤と被二仰付一候處、彼地を不レ殘燒はらひ...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の慣用戰略と成政の體度
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
政防禦の状を叙して『越中以二國界一爲二總構一、引二出山材一切二倒大木一成レ柵、始
二倶利伽羅峠左右一、鳥越・竹橋・小原・松根此外取出城三十六也。根城木舟・森山・益
山・富山等十餘箇所、以上國中東西之間、拵二五...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の遺言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
我ら相果候はゞ心表裏を企可レ申候間、左樣の仕置尤存候。山崎長門(長徳)、善者にて
候。越中取合の刻も、鳥越にて能候。然共意地惡敷、片むきなる武邊に候間、三十・四十
の頭可レ然候。大なる大將御無用之事。一、村井...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
一向宗東派の寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を受け、寺領二十五俵の地を賜はりたるものなり。而して弘願寺は、觀應元年本願寺覺如
の弟玄頓これを河北郡鳥越に創建したりしが、天正中越中の佐々成政に追はれて羽咋郡堀
松に遷り、慶長中金澤に轉じ、十四年河北郡津幡...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
咋郡田中村地子地安泉寺羽咋郡古江村地子地正覺寺羽咋郡上畠村地子地託因寺羽咋郡河内
村地子地蓮光寺羽咋郡鳥越村地子地覺永寺羽昨郡西谷内村地子地遍行寺羽咋郡草江村地子
地廣覺寺羽咋郡里本江村地子地正久寺羽昨郡里本...