石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
鳥羽伏見の役と加賀藩の出兵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寛兵衞清暉を招きて藩侯慶寧に與ふる書を託し、翌三日會津・桑名二藩の兵を先鋒として
北上せしに、薩藩等は鳥羽・伏見の兩道を遮り、四日に至りて之を撃退せり。この日加賀
の藩士歸山汲河・北村太左衞門は伏見に在りて戰况を偵...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
進軍中止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
對して默契せし信義を重んぜしによるものゝ如し、然るに十二日關澤安左衞門房清が前田
内藏太孝錫の命により鳥羽・伏見の戰報を齎すに及び、徳川軍が錦旗に抵抗して朝敵の名
を負ひたりとの事實を得たりしを以て、乃ち斷乎として...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
北陸道鎭撫總督任命
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明治元)正月三日前將軍徳川慶喜は、會桑二藩の兵を先驅とし、姫路・高松等約一萬の兵
を率ゐ、大坂を發して鳥羽・伏見二道より京師を侵さんとせり。是に於いて禁裏を守衞し
たる薩長藝上等の各藩士は進みて之を邀撃せしに、翌四...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
桑名藩の抗敵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
喜が服罪することゝなりし後、自ら家臣百五十餘人を率ゐ、その食邑の一なる越後の柏崎
に入りて謹愼せしが、鳥羽・伏見の役に從ひたる主戰黨の來り加るに及び、遂に恭順黨を
壓して抗敵の態度を取り領境鯨波を固守したるに、舊幕...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
無名の陳情書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
のゝ如く言へるは、是れ亦揣摩臆測に過ぎずといへども、彼が佐幕の説を主張し討薩の論
を唱へたりとするは、鳥羽・伏見の役に際し加賀藩が慶喜援助の目的を以て兵を越前に進
めたる事實を指摘したるものにして、若し藩侯輔弼の任...
第三章 學事宗教 第一節 學校
道濟館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
戸の下谷に一民家を借り、順吉を聘して教師たらしめ、之に就きて佛語を傳習することゝ
せり。然るに明治元年鳥羽・伏見の役後、諸生等皆藩命によりて召還せられたりしかば、
黒川誠一郎等は相謀りて閏四月順吉を金澤に招き、南町...