石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第四節 交通
驛に於ける
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
街道主要の驛又は渡船場に於いては、庶民の非違を戒むるが爲數種のを立つ。これ等
の法文は多く幕府より發布したるものにして、藩自身の制定したるものにあらず。但し左
に載...
第六章 經濟交通 第四節 交通
浦方の
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
海港中の主要なるものにはを立つること亦陸驛に同じく、その法令は幕府によりて發
布せられしものの内、事の港灣・海上・船舶・舟荷...
第四章 加賀藩治停頓期 第三節 風教作振
善藏の切腹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
葬る。後天明六年正月二十五日特に中村萬右衞門の遺跡を復し、中村才記の二子髯四郎に
新知三百石を與へ、又田善藏の家を興し、村鐵三郎をして襲がしめ、新知百石を與へた
りき。五ヶ年屋困窮之助方にて拂候懸物等目録...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
差上申一之事一、越前國北國白山別當平泉寺名代大聖院・華王院訴上候は、白山三社之
内越南(大汝)知之社、六年以前...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天正十一年、徳院(利家)樣御創業能州御領被レ爲レ遊候後、今年石川・河北兩郡御加
増被レ爲レ在二御座一候。然處越中佐...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
囑托金の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ことゝせり。これその教徒の遺類、尚逃れて四方に散在するものあらんを恐れ、全國の都
市・宿驛・渡船場等にとして告示したるものにして、加賀藩に於いては幕府の囑托金
以外別に伴天連の訴人に金子十枚、伊留滿の訴...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
備荒貯蓄と窮民激増
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
郡より二萬石の蓄米を納れしめ、六年夏に領内に備荒倉十三ヶ所の設置を實施せり。天保
四年六月當春以來諸色直に而、此節米石に付九拾六七匁。月末印紙百壹匁迄。批(ヘキ)
屋米升に付百壹文賣。七月下旬より米直に...
第一章 制度法規 第三節 司法
訴人奬勵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なりといへども、一面又士民の告發に待ち、若しくは犯罪者の自首を促すを利便とするも
のあり。是を以て藩はを樞要の地に建設し、以て訴人の奬勵に努めたりき。の文
面は、時代によりて差あり。一、辻ぎりの...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
 切
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
他人の賣却するを購ひて己の持とするを取といひ、一に持添又は取添と稱する
ことあれども、頭振たる者の初めてを...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割定書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
田或惣田抔唱へ、地割之節竿除等致し置地元も有レ之樣子に付、自然と歩當り少く、以來
は右樣之地元不レ殘惣に打込、其上納得之上右畝田等改而卸付之儀は勝手次第。且地割
取懸り以前、組主付地割人召連領廻致し、領境...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の歸城と病症
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。廿八日より玄眞・玄潤・玄伯・玄達・全柳六人として、二人宛晝夜相詰。一、今日江戸
表え以二早飛脚一、大東元早速參候樣、大槻内藏允・遠田勘右衞門より青木新兵衞まで
申遣。一、今日年寄中より京都詰人へ早飛脚を...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
述べたる一節あり。曰く、『頃年所々の佛閣造營の爲とて、富突といふ物はやりて、纔か
のあたひを定めて多くをよせ、錐を以て箱の中を突きて、一丁に依て過分の金銀を褒美
として相渡す。これが爲に人々家を沽却しても...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
時宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
もと越中富山に在りて淨禪寺といひしもの。その社殿に菅公を祀りしを以て、前田利長之
を崇敬して慶長十六年岡に移らしむ。利長の薨後、元和三年利常は又之を金澤泉野の地
に遷らしめ、利長の後室玉泉院夫人も深く之に...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
暦二年の頃より米價下落して諸士窮乏を訴へしも、藩は之を救濟するの手段なかりしを以
て、五年七月初めて銀を發行せり。この時銀の流通を圓滑ならしめんが爲、正銀の使
用を停止し、錢貨も亦惡紙幣によりて市場より...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家夫人の晩年
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て明年利家の十三回忌辰に當るを以て、又山門を建てゝ寺觀を莊嚴にせるなり。能登名跡
志によれば、山門の棟に『當山門。仰翼[加賀大納言利家卿御内所東之御方芳春院殿被
成御建立者也]以二觀音慈眼一。壽福増延。子...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
切支丹禁制の牓示
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
督教徒が慶長十八年を以て檢擧せられたる後、幕府は屢法令を發布して、その復活を防止
し、各藩に在りては、を立てゝ之が趣旨を人民に傳へたりき。一、きりしたん門
徒之事、侍・凡下によらず堅御停止候旨、江戸...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重教が銀を發行したるは寳暦五年七月に在りき。當時政局に當る老臣は、本多安房守政
行・前田駿河守孝昌・長九郎左衞...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
朝廷の賞賜
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前田慶寧の功を録し、その大軍を動かし金穀を捐て、征討の官軍をして速かに功を奏せし
めたるを嘉し、永世祿壹萬五千石を賜ひ、支藩富山侯にも亦五千石を授けられき。然る
に慶寧は、王政復古の大業創始の時に當り政府...
第一章 制度法規 第三節 司法
農民の刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の徒黨を結びて人家を破壞せし時、改作奉行より藩侯の決裁を仰ぎ、足輕をして斬せしめ
し異例あり。博奕停止石川郡鶴來町役場藏博奕停止...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
非人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
與を求め、家業として竹子皮の草履又は下駄の鼻緒を作る。非人たるものは、元祿四年二
月以降藤内頭より乞食を受けざるべからざるの制となり、犀川下流の柳原に設けられた
る小屋に入るを得、又は非人頭の家に佳するも...