石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
高木守衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
高木守衞諱は有制、人持組大野木將人の臣なり。守衞素より國學に通じたるを以て、勤王
の志あり。元治の變に座し...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
恒太郎は同志をして之に隨行せしめんと欲し、不破富太郎・廣瀬勘右衞門・福岡文平・小
川幸三・青木新三郎・高木守衞及び自己の名を記して之を上れり。その福岡惣助を除きた
るは幽閉中なりしに因る。藩乃ち議して文平・守...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
福岡文平等の歸藩
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして福岡文平・高木守衞・小川幸三の三士歸藩せんとすとの報あり。同志議して曰く
、文平の事を爲すや常に愼重に過ぐるの弊あり...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この時大野木仲三郎は金澤に歸りて、八月十四日野口斧吉・高木守衞と共に久徳傳兵衞の
家に會し、入京以後の形勢を報じたりしが、その夜藩は命じて仲三郎を自家に禁錮し、...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
く朝幕の關係に注意するに至りしかば、永原恒太郎・不破富太郎・廣瀬勘右衞門・青木新
三郎・大野木仲三郎・高木守衞・石黒圭三郎・岡野外龜四郎・福岡文平・行山康左衞門等
は、皆惣助・幸三・斧吉と相往來して國事を議し...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧上洛の志を決す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ものも避けて協議に加らざるの徒を出しゝが、唯不破富太郎・永原恒太郎・福岡惣助・小
川幸三・青木新三郎・高木守衞・野口斧吉のみは始終一貫して事を共にし、福岡文平も亦
時々之に與り、廣瀬勘右衞門は後に變節せしも當...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
在藩在京同志の通信
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
れて深く自重し、僅かに一たび富太郎に書を致したるに止り、久徳徳兵衞も亦一再に過ぎ
ざりき。唯小川幸三・高木守衞・野口斧吉の三人は、病床にありたる廣瀬勘右衞門の家に
集會して毎便書信を發し、富太郎等も必ず之に應...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
小川幸三の南上
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
敵の出づるを待ち、長藩と前後挾撃せんとするものにあらずや。吾輩同志たるもの期に後
るべからざるなりと。高木守衞・野口斧吉曰く、不破富太郎の意は葢し君の言ふが如なる
べし。然りといへども、聞くが如んば世子常に守...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野口斧吉等藩情を報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て悉く彼等を芟除せんことを主張するもの多く、甚だしきは公然慶寧の廢嫡を説く者すら
ありき。野口斧吉乃ち高木守衞と議し、足輕中村銀次郎等二人に書を託し、潛かに國境を
出でゝ之を不破富太郎に致さしむ。その書に曰く...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
惣助刎首定番歩士組小川幸三永世主人預入獄[年寄横山三左衞門給人]野口斧吉永牢[人
持組大野木將人給人]高木守衞永牢金澤町人淺野屋佐平永牢同心柴田喜太夫附籍駒井躋庵
閉門青山將監附與力福岡文平公事場内禁錮儒者石...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木仲三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大野木仲三郎、諱は克敏。人持組大野木克貞の次子にして、天保十四年四月十三日を以て
生まれ、皇學を高木守衞に受けて勤王の志深かりき。嘗て新嘗祭の日に當りし時、仲三郎
曰く、今宵至尊蒼生の爲に夜を徹して親祭...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木源藏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
めて十二、出でゝ前田慶寧の側小姓となり、新たに祿百石を受け、後累進して百石を加へ
、大小將組頭となる。高木守衞に就きて國學に長ぜり。元治甲子の年慶寧に從ひて上洛せ
しが、その伴ひたる甥仲三郎の行動を放任したり...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
高木有制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
高木有制、通稱守衞、人持組の士大野木克誠に仕ふ。有制田中躬之の門に入りて國學歌文
を學び、明倫堂國學内用に...